FC2ブログ

GPS2019第6戦 NHK杯女子 コストルナヤ完全優勝、紀平さん2位

2019年11月26日
NHK杯フィギュア2019
RESULTS

●女子SP
黒い十人の女
冒頭のコンボは3Fで転倒、後半の3Lzに3T。2Tではなく3Tというところがすばらしい。
表情はおもしろいけど、個人的にはちょっとやりすぎな気もする。

カレン
コンボは3+2Tでしたが、すばらしかったですね。スケーティング、エレメンツのクオリティ、音楽との調和。スピンはほんといい。そして気持ちがこもっていて、ぐっと引き込まれました。
おおー67点!

スターちゃん
3Lo抜け。体つきが見るたびに大人になっていく、そこに対応していくのは大変だろうな。

ウンス
コンボで傾いて転倒。
スローな曲調でエレガントな所作は、ウンスの魅力。
うーん、65点。

まこちゃん
3Lz+3T美、2A、ジャンプが決まって笑顔、3Lo。エレメンツ完璧。前の大会とは別人のような滑り、音楽に乗って軽やかにはつらつと、よくここまで戻ってきました!
故障もだいぶ良くなったらしい。
マチコ先生のヴィトンのコートはエテリに対抗しているのか?

コストルナヤ
印象的なポーズから印象的なエンディングのポーズまで…こういうところはグレイの振付うまい。
3A美美美、3Lz、3F+3T、スピン、ステップ、すべて完璧。ジャンプは大きく余裕で降りてきます。ポーズや姿勢の変化、移行がスムーズ、早いのでより密度が高く感じます。
そしてどこをとっても美しいですね。すべてがバランスよくすごい。
うはー85点!世界最高得点だって。

ザギトワ
NHK杯は初なんだ〜。
冒頭の3Lzコンボは単独に。後半の3Fに3Loをつけるところがシングルに。あーザギトワにもこんなことが…。
見るたびに体つきが大人の女性っぽくなってる、この成長に対応するのは大変だろうな。そして女王の風格ただようスケーティング、色気もすごい。まだ17歳、コストルナヤは16歳、差はないも同然と思うけど思うけど、ティーンの1年は大きい。

サモデュロワ
コンボのセカンド3T<はありますが、大きなミスなくいい演技でした。
ただ、コストルナヤ、ザギトワの流れで見ると、やはりいろいろな面で差が…。こじんまり、あっさり見えてしまう。

紀平さん
新衣装好きです。
すばらしいスピードから3A、すかっとする〜。
3F+3T美、3Loでバランスを崩す。スピン、ステップもいい、スピードやキレが気持ちいい。
3Loは惜しかったですが、そこだけ、あとはすばらしかったですね。
79点、まずまず。

●女子フリー
サモデュロワ
見た目大きなミスはないようですが、回転不足やアテンションのダメージが。
そしてPCSですよねえ。以前からスピードやスケーティングの伸びなどに課題はあるほうなんですが、結果としてゆは菜さんやまこちゃんより下となりました。ユーロチャンプとしてはショックかも。

ゆは菜さん
オペラ座の怪人。
3Lzコンボが2Lz単独になり、後半のジャンプでリカバリー、2T重複でノーカンもあるけれど、全体として大きなミスなく、しっかり演じきれたと思います。
彼女のスケーティングはいい意味で重みがあるので、後半の曲調が壮大になったところでも曲負けしない。
PB126点!

まこちゃん
復調のまこちゃん、…とは言ってもフリーまで揃えることができるか?大崩れもありかも?とそうぞうしてました…すまん、まこちゃん。
3Fでちょこっとミスはありますが、大きなミスのない演技でした。まだまだできることはありそうだし、PCSはこういういい演技を続けることで伸びてくると思います。
何より笑顔で終われてことが良かった!まこちゃんが幸せそうでこちらもうれしい。
キスクラのマタギ…いや違う、毛皮のマダムもうれしそう…おい、二人で毛皮ってすごい(汗)

ザギトワ
3Lz+3Lo完璧、ノーミス!強気で女王の風格漂う、ザギトワらしい演技でした。
やっぱり強いなということと、ステップの複雑なポジションなど、スケーティングの進化を感じました。
151点!すごい得点でても、まだ足りないって表情。そりゃそうか(汗)

ウンス
表彰台候補にもなれると思ってましたが、故障でもあるのでしょうか?
らしくないミスを連発、悔しいだろうなあ。

紀平さんさん
冒頭は3S、4Sは事前の練習がなかったのでやはりと。3A+2T、3A、2つの3Aがきれいに決まったのは大きい。3F+3T<はありましたが、そこだけ、あとはすばらしい。
紀平さんにはスケーティングそのものの良さ、美しさの中にスポーティな魅力を感じます。女優系のスケーターとは違う個性がいいですよね。
ただここまできたら、そろそろドヤ顔がどこかに欲しい(笑)
151点!総合231点!

コストルナヤ
3A+2Tでかい、2つ目の3Aステップアウト、ミスは1つ。
スケーティングに全くブレがないですね。エレメンツはしっかり大きく見せて、表現はどこをとっても美しい、そして細やかで芸術性にあふれている。
コストルナヤのアイドルっぽさ、コケティッシュな魅力を引き出す振付もいいと思う。
1ミスでも勝ちだなと思っていたら、154点!フリーでも余裕で勝った〜強い〜わかってた〜。

カレン
冒頭の3Lz美でしたが、そのあとはジャンプにミスが続いていました。
スピンやステップはとてもすてきでした。
故障明け、調子が悪くても、リンクに立った以上はやり遂げなくてはならない。そういう意味ではがんばったということで。

コストルナヤ優勝!予想できたこととはいえすごい。
これでGPS6大会を、シニアデビューのロシア女子3人が、2大会づつタイトルを取るという、ありえるけど、え〜って結果に(笑)
なんかもう…ファイナルのことは後で考えよう、そうしよう。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示