FC2ブログ

紅葉の風

2019年12月08日


吹く風の色のちぐさに見えつるは 秋の木の葉の散ればなりけり
詠み人知らず 古今和歌集

吹く風が色とりどりに見えたのは、秋の木の葉が散っていたからだろう。

様々な色の紅葉が吹き寄せられ、思いのほか華やかな地面なのでした。

関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示