FC2ブログ

シロシキブに霜

2019年12月21日


おきあかす秋の別れの袖の露霜こそ結べ冬や来ぬらむ
藤原俊成 新古今和歌集

秋との別れを惜しんで夜を明かすと、袖の露が霜になっていました。冬が来たのだなあ。

露は涙だろうか。
今年は暖冬傾向にあるとはいえ、冷え込む朝はあたりが霜で真っ白になっています。
シロシキブの実も霜に覆われていました。
まもなく冬至ですね。

2019121705.jpg
関連記事
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示