FC2ブログ

日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展

2020年01月11日
iaxh8c.jpg

日本・オーストリア友好150周年記念
ハプスブルク展
600年にわたる帝国コレクションの歴史

2019年10月19日(土) - 2020年1月26日(日) 国立西洋美術館

13世紀後半にオーストリアに進出後、同地を拠点に勢力を拡大し、広大な帝国を築き上げたハプスブルク家。15世紀以降は神聖ローマ皇帝の位を独占し、同家がオーストリア系とスペイン系に系統分化した16-17世紀には、後者がアジアやアフリカ、南アメリカにも領土を有したことにより、まさに「日の沈むことのない帝国」となります。ナポレオン戦争を引き金とした神聖ローマ帝国の解体後は、オーストリア帝国(1867年にオーストリア=ハンガリー二重帝国に改組、~1918年)を統治しました。数世紀にわたって広大な領土と多様な民族を支配し続けた同家は、まさに欧州随一の名門と言えるでしょう。
ハプスブルク家の人々はまた、豊かな財とネットワークを生かして、質量ともに世界屈指のコレクションを築いたことでも知られます。このうちオーストリアを拠点とし続けた同家本流による収集品の主要部分は、オーストリア=ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世肝煎りで1891年に開館したウィーン美術史美術館の礎となりました。オーストリアと日本の国交樹立150周年を記念する本展では、同館の協力のもと、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など100点、5章7 セクションによって、そのコレクションをご紹介します。個性豊かなハプスブルク家の人々や、当時の宮廷生活の紹介も行いつつ、時代ごとに収集の特色やコレクションに向けられたまなざしのあり方を浮き彫りにしていきます。数世紀にわたってヨーロッパの中心に君臨した、帝室ならではの華麗なるコレクションの世界をご堪能いただければ幸いです。


13世紀頃からのヨーロッパの歴史をハプスブルグ家で辿る企画展…感じでしょうか。
支配され、統合され、また分割され、現在の国の単位ではくくれないヨーッロパ。
美女列伝!マルガリータ王女、マリア・テレジア、マリー・アントワネット、エリザベート…おなじみの登場人物たち多数登場。

images-4.jpeg
甲冑(かっちゅう)コーナー
ロレンツ・ヘルムシュミット《神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の甲冑》他(アウクスブルク、1492年頃、鉄、鍍金された真鍮、皮革、鉄、鍍金された真鍮、皮革)

へえ…と、あっさり通り過ぎるつもりでいた甲冑コーナーは、とても見応えがありました。これまで映画などでよく見てきたわけですが、全然違います。今回目の前に展示された甲冑は、現物の迫力といいますか、重厚です。存在感といい意匠いい、ゴージャスで大きな宝飾品のよう。鉄や真鍮、当時の最高技術の高さもわかります。
日本の兜と同じく、権威の象徴でもあるので、デザインもすばらしく、細部まで作り込まれてます。

images_2019122518261286f.jpeg
アルブレヒト・デューラー『騎士と死と悪魔』(1513年)

空間恐怖症的なデューラーの版画、あまりにいろいろ詰め込まれ、それぞれのモチーフに意味が込められており、何度見ても新しいものに気がつきます。時間制限がなければ半日くらい見てられそう。

10-1.jpg
ディエゴ・ベラスケス《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》1659年、油彩/カンヴァス

今回の企画展を見に来た目的はこちら、ベラスケスの描くマルガリータ王女。結構大きい。
王女の肖像画は、幼少時代にすでに決まっている嫁ぎ先へ、今こんなに美しく成長してますからね…という写真の役割だったらしい。折にふれ描かれています。
ただベラスケスの肖像画、特にマルガリータ王女を描いた肖像画は、画家と王女という関係以上の絆が感じられて、いつも見入ってしまいます。

images-6.jpeg
ディエゴ・ベラスケス《スペイン国王フェリペ4世の肖像》1631/32年、油彩/カンヴァス

マルガリータ王女の父、娘は同盟を結びたい国に嫁がせる、そんな時代。
文化芸術を愛し、ベラスケスを宮廷画家に任命、そこで数々の傑作がうまれました。
マルガリータを目的にやって来ると、たいてい父フェリペ4世の肖像画もついてくるので、もう何回いろいろなバージョンを見てる(笑)

images-2.jpeg
マルティン・ファン・メイテンス(子)《皇妃マリア・テレジアの肖像》1745-50年頃、油彩/カンヴァス

ハブスブルグ家といえばこの方、政治家としてもすぐれていた女帝マリア・テレジア。立派な肖像画はもちろん美化しているんだろうと思いますが、国母といわれるほどの人間性、その雰囲気を表していますよね。

images-1_2019122518260222f.jpeg
マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン《フランス王妃マリー・アントワネットの肖像》1778年、油彩/カンヴァス

マリー・アントワネット。白い肌、純白に輝くドレス、高貴で美しいです。
マリア・テレジアの娘にして、フランスのルイ16世に嫁ぎ、後にフランス革命によって断罪され処刑。私の世代ですと「ベルサイユのバラ」でよく知っている…つもり。
贅沢三昧、庶民が飢えている聞けば「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」と言ったとか、いろいろ逸話が。
アントワネットの贅沢が国の財政を傾けたというのは言い過ぎで、それ以前にここの財政は危なかったっていうのが、正しい説のようですね。

images-3.jpeg
ヨーゼフ・ホラチェク《薄い青のドレスの皇妃エリザベト》1858年、 油彩/カンヴァス

オーストリア皇后エリザベート、こちらも舞台や映画でおなじみですね。彼女の人生は幸福だったのか不幸だったのか?ドラマだけではわからない。
生涯美に執着し、努力を惜しまなかったとか、見よこの細いウェスト!

肖像画はたくさん展示されています。ティツアーノ、ファンレイン、ティントレットなど豪華なラインナップでした。

images-7.jpeg
《シャーベット用センターピース》ウィーン、1736-40年

宝飾品や豪華な食器などもたくさんあり、見応えがありました。
シャンデリアかと思うほどゴージャスな意匠が施されたシャーベット用の器。カメオまでついている、贅沢ですよねえ。

関連記事
アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示