FC2ブログ

アカソ

2010年09月09日
子どもの頃、こういう針金モール(針金に毛がついているあれ)で遊んだっけ。
よく似ているなあと思います。

1008216

アカソはとても地味な花です。
我が家付近では、道ばた、森や林の湿気のある所ならどこでも見かけます。
8月の終わり頃から花が咲きます。

1008217
こちらは近縁種のヤブマオ

アカソは花がなければ全く気にもとめないだろう地味でありふれた植物ですが、「からむし織り」のカラムシという植物と近縁種で、アカソからも繊維を取ることができると最近知りました。
縄文の遺跡から出土した繊維は、全てイラクサ科カラムシ属のアカソやカラムシで、木綿や絹が普及するまではこちらが主流だったそうです。

イラクサ科カラムシ属

からむし織りは現在「村おこし」などとして復興しているようです。
麻のような風合いの布です。
刈り取ったからむしを水に浸しながら丁寧に剥ぐ。繊維を細かく裂き糸を紡ぐ。糸を布に織る作業は高度な技術が必要で、からむし織りの完成までは、手間のかかる工程です。
反物(布)になったからむしはとても丈夫だとか。からむしもアカソも、簡単に手折ることができそうな植物の姿からは全く想像できません。

福島県昭和村 
からむし織り(福島県指定重要無形文化財)


関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
«  | HOME | ケイトウ »