FC2ブログ

全米フィギュアスケート選手権2020 男子 ネイサン圧勝

2020年02月05日
リザルト

●SP
パニオット
冒頭の目力、長身のスタイル、俳優かダンサーかモデルか〜みたいな感じ、かっこいいです。
4T+3Tはスケールの大きくて良かった。3Aのお手つきもったいない。
コーチにミーシャがいるんですね。

ネイサン
5番滑走って、早すぎるよねえ。ルームウェア風衣装でラ・ボエーム。
4F、3A、4T+3T、調子悪いから期待しないでね…って言ってたことが信じられないいいですよね(笑)
ジャンプの軸の細さ、速さ、高さ、すばらしいです。ステップのキレも申し分なく、変衣装もいつのまにか気にならなくなるさすがのネイサンでした。
114点…120点でも150点でも驚かないよ(笑)

クラスノジョン
ネイサンとの共通点発見!衣装が謎めいている(笑)
ちょっと荒っぽいけれど、大きなミスなくまとめました。振付の密度を濃くすることが必須な時代だからもあると思う、よく動いてる、でもちょっと動きがせわしないというか、もう少しメリハリつけた方が。ステップは激しく、とてもおもしろいのにレベル3はちと残念。

ラビット
2Aまでの構成に得点は頭打ちですが、流れにのって音楽に乗って、気持ちのいい演技でした。
キスクラでベラベラ日本語しゃべる、いつものラビット君でした。

ヴィンス
微妙なグラデーションのシャツや。
4S、3lz+3T、3A。限られた練習時間、ブランクを考えると、すばらしい内容でした。立派ですねえ。
ステップなど、スケーティングの面で、ツメがちょっとどうかと思うところはあるかな。

Jスポーツでは、杉田翁と赤平アナが、自分らも学業との両立大変だった話で盛り上がる。

トルガシェフ
4T、3A、3f+3T。こんなにうまい選手だったっけ?4T他ジャンプは全てクリーン。アーティスティック、身のこなしがダンサーのよう、美しくてとてもすてきでした。
97点という高得点に、うはー、キスクラで腰抜かすほどびっくりだぜ〜。いい点おめでとう。私も彼を見直しましたよ。

プルキネン
4Tでっかい、3Aステップアウト、3lz+1T、うーん4T決めたのに、これでは厳しい。できる子なんですが…。

ジェイソン
ストイコみたいなヘアスタイル。
3F美、3A美、3Lz+3T美。4回転ははいらないけれどパーフェクト、完璧です。ジャンプのクオリティは、1段階上がった感じがします。
後半のスピード感がまたすばらしくて、いいですねえ!
100点出た!4回転無しでこれはすごい、全米でも。

樋渡君
畳のへりみたいな衣装では?(汗)
4T、3A、3Lz+3T。音楽のノリが最高!最後まで元気いっぱい、楽しくてしょうがないって感じ、いいですねえ!
元気ななかにも、スケーティングがシニアらしく洗練されてきました。
94点、4T決まったし、もうちょっと出てもいいのになあ。

男子SPはいい演技がたくさんあって見ごたえありました。
ネイサンは期待通りとしても、ジェイソン、トルガシェフ、ヴィンス、樋渡君。すばらしかったですね。このままネイサンはぶっちぎりで、あとは点差も極端ではないのでフリー次第です。

●フリー
プルキネン
4T、3Aこらえ、3Lo、3lz+1+2Sなんとか、3A+3T、1Lz、3F+2T。
うーん、こらえてこらえて…決まったジャンプも危うい、ここまでミスがまんべくなくあると、散漫な印象になってしまう。故障でもあるのかと思ってしまう。
キスクラもしゃあないね〜と明るい。

ヴィンス
4S美、3Lz、3F、3A+3T、3Lo、3A、3lz+1E+3S。
いやー立派ですねえ、良かったです。構成は下げているけれど、ブランクを越えて、いい演技をすることのすごさ。
そうだ映画「クラウド・アトラス」だった、GPSスキップしたんで忘れてた(汗)編集がちょっと忙しいかなと思うけれど、壮大な感じもあっていい、もっと滑り込んだところを見たいです。

クラスノジョン
4Lo<となりましたが、気迫のこもった演技、決まったジャンプは迫力です。
ただ、トップで争うには、やっぱスケーティングをもうちょとがんばらないとね。
将来は両親と同じ医師の道に行きたいって…優秀なんだね。

樋渡君
衣装がいろいろ寄せ集めみたいで微妙。
4T+3T、4T、3A+2T、3A…おおーこちらもすごいです。
躍動感のある動きがストラビンスキーにはまります。
183点、この時点でヴィンスの上です!

トルガシェフ
4S<転倒、4T+2T、3A転倒、3lz+1E+3S、4T<、3F+3T、3Lo。攻めてますねえ!
3Aはひどい転倒であせります。大きなミスがいくつもありますが、ドラマチック、そして気品と格調ある「トスカ」でした。美しいです。トルガシェフがここまでできるとは、SPに引き続き惚れ直します。
フィギュアスケート一家育ち、英語、ロシア語、中国語、スペイン語もできる…使い切れないぜ(汗)

ネイサン
黄ばんだシャツを漂白したらまだらになりました…そんなわけない。
4f+3T、4Sこらえ、4T+1Lo+3S、3A、3Lo。4T、3F+3T。
次元の違うネイサンでした、わかってたけど〜!
スケーティングのキレもいいし、緻密なのにおおらかで、とても自由な空気もある。すばらしいですね。
総合33お点!構成をあげるとまだまだ伸びそう。

ジェイソン
3A+2T、4T両足、3A、3F、3lz+1E+3S、3f+3T、3Lo。
すばらしいパフォーマンスでした。曲調にあった振付は、エレガントで独創的、そして心をわしづかみされました。
ジャンプだけが見所なんじゃないフィギュアスケートの魅力がここにありますね。
総合292点、総合2位です。すばらしかったです。

全米男子はハイレベルで見ごたえでした。
ネイサンは予想通り。ジェイソンのスケートの極み、ヴィンスのレベルの高さ、樋渡君とトルガシェフのすばらしいパフォーマンス、みんなすばらしかったですね。
杉田翁が後半のろれつが心配に、長時間お疲れ様でした。
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示