FC2ブログ

福島のこの頃 ニュースにならない日常、暖冬

2020年02月16日
記録的…と言ってもいい暖冬の福島です。あ、全国的ですね。
生活に支障を来すほどの大雪は困りますが、雪がない景色は殺風景で味気ないです。

暖冬は過ごしやすいですが、これは異常気象、逆に春夏に冷え込んだり、あるいは猛暑になったり、どっかでしっぺ返しがあるのでは?不安だよねえ…そんな話もよく出ています。
私が暮らす地域では、冬、家が飛ばされるのでは…ってくらいの強い西風が吹くのですが、そういえば今年は例年程ではありません。やっぱりおかしな気候です。

こんなことなら冬タイヤ買わなきゃ良かったと、友人がぼやく。
これではスキー場も盛り上がらないし、各地の雪のイベントは中止になったり、規模を縮小したりしています。
私の住む中通り地方もそうですが、会津地方では冬の除雪が大事な収入源という業者も多い、今年は出番がほぼない…売上もない。

ぱっと気がつく影響だけではありません。
料理食材の宅配業の方と世間話をしていて「今年は雪が少なくて配達のスタッフが楽でいいですよね」と言うと、「こんなに天気がいいとね、宅配使わないの。自分で買い物に行くから。いろいろあるんだよ〜」と。
なるほどねえ、訊かなきゃわからないものです。

今年は杉花粉の飛散も早いです。
この調子で行けば、桜や梅の開花も早まりそうですが、暖かければいいというものではなく、冬の低温があってこそ、春の目覚めがあるわけで、これからいろいろなところに影響が出そうです。



映画「Fukushima 50」公式サイト
2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿岸に押し寄せた巨大津波に飲み込まれた福島第一原発は全電源を喪失する。このままでは原子炉の冷却装置が動かず、炉心溶融(メルトダウン)によって想像を絶する被害がもたらされることは明らかで、それを防ごうと、伊崎利夫をはじめとする現場作業員や所長の吉田昌郎らは奔走するが……。

震災と原発事故から9年、早いものです。
あれ以降、たくさんのドキュメンタリーや映画などが制作されました。
私はドキュメンタリーはある程度見ますが、ドラマ仕立てであったり、震災がらみの映画は、全てが虚構のように感じてしまい拒否反応があり見ていられません。
「Fukushima 50」は、たまたま予告編を見ました。大物俳優が出演し、これまでの作品に比べると、骨太な作品のように感じられますが、やはり見ないだろうなあと思います。
一番気になるのは、あの時原発に残った作業員には最大限の敬意を払いますが、英雄のように描かれたらいやだなあと。
福島では公開に先立ち、各地で試写会が開催されることになりました。知り合いも行くらしい。その後の評価次第では見にいくかもしれません。

そうこうしているうち、新型コロナウィルスの流行。
恐いですね、なんとか収まってほしいですが、日に日に大変ことになっています。身近で流行も時間の問題のような気がします。
実際のところ、軽く済む人がほとんどらしいですが、わからないことが多いので、不安な気持ちになるのは当然です。
中国のみならず、これから開催される国際的なイベント、東京オリンピックは大丈夫でしょうか?すでに経済的な損失は大きいようです。
事は冷静に、国際協力をしながら、なんとか乗り切ってほしいです。

連日のニュース映像では、防護服に身をつつんだ方たちが対応にあたっています。
防護服を見ると、私は原発事後のあれこれを思い出し、どうにも暗い気持ちになってしまいます。対応に当たっている方には、本当に申し訳ないですが。

ウィルスそのものも恐いですが、特定の地域や人種に対する差別や風評被害も辛いです。
一連の反応は、やはり私にとっては、原発事故後の福島への差別や不評被害と全く同じに見え、人間とは学習しないで繰り返すものだなと思います。

観光を仕事にしている知人が「観光は平和産業だから」と言います。どこに行くのも平和でなければ成り立たない。スポーツやイベントもそうですね。
平和を脅かすのは紛争や自然災害だけではないことを改めて感じます。
月並みですが、平和とは「安全と安心」の上に成り立つものです。安心は「心の平和」のことですよね。
仮に現実的な危機が去っても、心の平和を取り戻せない人がどれだけ多いか、人間はめんどくさいです。

皆様もどうか、心も体も健康でいられますように。

関連記事
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示