FC2ブログ

チャレンジカップ2020のショーマ

2020年02月27日
ショーマのCHALLENGE CUP 2020が期待以上にすごかったのでワールド前に記事を一本。
ショーマにとってワールドにむけて調整の意味もある今大会。全日本も良くなっていたけれど、ランビのもとでこんなに短期間で進化をとげるとは…

CHALLENGE CUP 2020 The Hague 20-2-2020 - 23-2-2020
リザルト
--------------------------------------------------------------------
SP 
最初からこんなにパワー全開で最後まで持つのかってくらいの勢い。スケーティングがすばらしいのはもちろん、全体にパワーみなぎってました。
4Fオッケー、4T<でバランスを崩し転倒はしないものの、コンボになりませんでした。コンボでちょっと躊躇しちゃうみたいな事があるのが課題ですね。
このプログラムで最も好きな箇所、クリムキンイーグルから鷲(イーグル)が大空に羽ばたく振付、ここに余裕ができてすごくうれしい。ここはすぐ終わってしまうのではもったいないのです。
3Aは勢い余った感じも。スピンはいずれもグルングルンしていいです。
ちょっとためてからステップ、調子悪くてもエンディングのパワフルなステップで盛り返す感じも多かった今シーズンですが、この日はとにかく全てがパワフルで、すばらしかったです。

リンクから上がろうとすると、入れ違いにリンクに飛び出したフラワーガールが、エッジカバーつけたままで転倒、お嬢さん大丈夫?ショーマとばしっと目があう。コントなみのおもしろさでした(笑)

91.71(TES46.31・PCS45.40)
ジャンプはもっといいものが跳べるはずなので、完璧なら…とつい考えてしまいますねえ。
--------------------------------------------------------------------
FS 別アングル
たぶん失敗すると言っていた4Sが美しく決まりました。4F、4T<でバランスを崩しコンボにならず、3A、後半4T+2T、3S、3A+1E+3F。
スピードに乗ったジャンプは、勢いと高さが出てきて、むしろコントロールに少し苦労しているようにも見えますが、全体として流れもよく、すばらしかったです。
とても瑞々しく、美しい演技でした。以前からスケーティングにはカラーがあったショーマですが、こんなに感情あふれる演技をするとは。
後半の笑顔が全てを物語っていますね。
演技直後、ランビを見たのは4Sが決まって自分でもびっくりしたかららしい。いやいや、ちゃんと決めてくれていいんですが(笑)
198.70点、200点まであと一息。トータル290.41、300点までは…まだあるか?(笑)
フリーにもやはり課題はありますが、全ては伸びしろに感じられ、ワールドが楽しみなショーマなのでした。
--------------------------------------------------------------------
今季はコーチ無しで一人でやっていくつもりが不調、彼なりの決断を尊重するものの、ファンとして、どうしたものかと心配していました。
そこを経てランビエールコーチの元へ。みるみる笑顔が増えて、スケーティングが生き生きとしてきました。
まずは相性ですが、自分には今何が必要なのか、ようやくたどりついた結論、ファンとしてほっとしました。こういう苦労を経なければわからいこともあります。全ては糧ですね。

どのようにしてコーチを引き受けるに到ったか、ランビのインタビューも興味深いです。いいコーチはたくさんいますが、それぞれ違うものだなあと実感。
話す内容、というか何を話すかの判断も含めて、選ぶ言葉も…率直で理論的、その上であたたかいとでも言えばいいのか。(記事を翻訳して頂いた方にも感謝)
現役時代活躍した選手が必ずしもいい指導者になるとは限りません。彼が今、指導者として世界各国で引っ張りだこなのは、まずは伝える力がすばらしいってことがよくわかりますね。
これからも浮き沈みはあると思いますが、よろしく頼みます。

あとは、ショーマが英語習得に消極的なのがちと心配ですね。ある程度でわかればいいってくらいの意味かもしれませんが、まあでも国際舞台で活躍するアスリートですからね。英語がんばって!
まずは下記の本を薦めたい。読んでないけど自分(笑)


関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
観ている私も幸せに
チャレンジカップ素晴らしかったです。
何より、演技に悲壮感が漂っていた昨シーズンから、様々なことを経てよいコーチに恵まれて、「スケートを楽しむ気持ちを思い出した」という言葉通り観ている私も幸せになる演技でした。
このような気持ちになったのは、バンクーバーOPの高橋選手の時以来です。「eye」のようなただ滑っているだけでない足元、「道」のときのような情感溢れる演技。
すごい演技をするスケーターはたくさんいますが、幸せを感じることのできる宇野選手のスケートがとても好きです。
ワールドでも良い演技ができますように!(そして開催できますように!!)
> 蓮 さん
コメントありがとうございます。

> チャレンジカップ素晴らしかったです。

すてきでしたよね。本当に、私も久しぶりにしわせな気持ちで見ることができました。
ポイントに還元できない気持ちや心が、ここまで影響するのだと改めて感じました。

ワールド楽しみですね。
このようなご時世、スポーツは幸せを与えてくれるわけで、まずはワールドが無事に開催され、関係者全員が健康で終えることを願っています。




管理者のみに表示
« 北帰行 | HOME | 白梅の香り »