FC2ブログ

世界ジュニア2020男子フリー 波乱の果て

2020年03月07日
リザルト

SPではミスの少ないいい演技が見られましたが、フリーはジュニア男子らしい波乱となりました。

ナウモフ
4回転を入れない構成でノーミスの演技、優勝候補に波乱があると、ノーマーク強い!…というのは失礼か(汗)まだ大味のところもあるけれど、体いっぱいを使ってスケールの大きい演技、青年らしい勢いもあってすてきでした。
SB更新でフリー4位、シンジラレナイ〜的な大喜び、おめでとう!

ゴゴレフ、すてきなんですが決まるもの決まらないと辛い…

グメンニク
SPまさかの9位から。このままでは終われない、そんな気迫感じられる演技。
4S+2Tから、こらえるジャンプもあちこちありますが、がんばりました。
美しいスケーティング、「オペラ座の怪人」のストーリーを紡ぎ出す表現力もすばらしい。後半激しくなる曲調でジャンプも派手になり盛り上がりますね。
フリー2位。

駿君
幼なかった面差しが、見る度にロミオ度ましていいよ〜。特に背中が大人になりました。
2Lz!、4T+2Tなんとか、4T転倒,3A+3T、3A、3F+1E+3S、3Lo。
転倒が激しく心配になりました。優勝の可能性もあり、気合いはいり過ぎたかな?それでもミスがあっても3Aを2本決めたことが、この順位に留まれた理由かな。
悔しいけれど、なにごとも経験です。

グラスル
4Lz<、4F<、3F+3T、3A<、3Lz+3T、3Lo+1E+3S、3Lz。
ジャンプが全体に危うい、特に前半ははらはら、転倒しなかったのはよかったです。
後半のムードのある表現はすてきでした。
ベストではないけれど、まずまずでしょうか。

鍵山君
4T<元気よく転倒、3Lo美、4T+2T、3A<+1E+3S、3F+3T美、3Lz!、1A。
全体に固かったでしょうか?スケーティングがいい時のすべりではなかったような気がします。4Tのミスはともかく、最後の3Aは決めたかった、3Aが決まっても結果は変わらなかったかもしれませんが。ルッツのアテンションまたついちゃいました。気をつけないと。
フリーだけだと5位、これは悔しい、それでもプレッシャーのかかる中でがんばったと思います。

モザレフ
よく動いてます。
4T+2T、4T、3Lo、3Aお手つき+3T、3Aこらえ、3Lz+1E+3S、3F。
もっとできるような、あちこち危ないところもありますが、攻めた構成をやりきりました。
終わってみればSB更新、優勝です。SP、フリー2本揃えられたことが大きいですね。おめでとう!

モザレフ逆転優勝、鍵山君はフリーで後退し2位に。駿君は総合6位、グメンニクがフリー2位で表彰台に入りました。
SPとフリーで順位の入れ替わりが激しい。これはジュニア男子あるある大会、予想の範囲内なんですが、やっぱりちょっとほろ苦い(涙)
鍵山君、駿君はじめ、多くの選手が来シーズンはシニアにに移行…またお前と争うのか!…つうライバルも同じメンツ(笑)
引き続き4回転の完成度が勝負の分かれ目になりそうです。ケガなくがんばって!
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示