FC2ブログ

福島のこの頃、10年目の春

2020年03月11日
今年もまた3月11日がやってきました。
東日本大震災から9年、まもなく10年目の春、月日はきっちり過ぎていくものですね。
私もきっちり9歳年をとりました(笑)

新型コロナウィルスの影響が大きすぎて、それどころではないのが現実で、今は目の前にある脅威に対処するのが最優先だと思います。
いずれ終息すると思いますし、効果のある薬の開発されれば、それほど恐ろしい病いではないのですが…。
私は、医療やテクノロジーの進化を信じているので、今回のこともいずれ解決に向かうと思っています。ただそれがいつなのか?先が見えないのが辛いところです。
一刻も早く穏やかな日常が戻ることを願っています。



福島県では、昨年10月の台風の被害で疲弊している地元経済に、今度はコロナという試練です。自粛などによる経済的損失ははかりしれません。
しょうがない、わかっていても、中小企業や自営業、非正規雇用の方が多い地方で、どこまで持ちこたえられるか、本当に心配です。
ところで、台風で自宅1階が水没し、大規模な改修をすることになっている知人がいて、先日久しぶりに会いました。改修はもう終わったのか(終わってると思ったので)聞くと、断熱材など建築資材は中国からの輸入で、今は入って来ていない、資材不足で工事が遅れているということでした。
仕事とは関係ないですが、私は4月に原発の廃炉処理を見学に、福島第一原発に行くことになっていましたが、そちらも中止となりました。見学は団体ですので難しいという判断です。
とにかく、あらゆるところに影響が出ています。

ウィルスの流行による一連のできごとは、震災と原発事故の頃の空気とよく似ていると思うのは私だけではないと思います。
忘れてしまった方も多いかもしれませんが、閉塞感に覆われていたあの頃を私は忘れられません。
未知の脅威に対し冷静でいられる人は少ないです。差別が生まれ、いがみ合い、不確かな情報やデマに翻弄される。人間はそのような生き物、いろいろな意味でもろい生き物なのでしょう。
今回はマスク不足のニュースで「コロナウィルスより、人の方が恐い」という記事を見かけましたが、原発事故後の福島県民として「放射能より恐いのは人」でした。

震災、原発事故、自然災害、経済危機、紛争、どれかが解決したとしても、次々とやってくる困難、こういうことはこれからもあるはずです。
がんばろうにも、どうがんばるのかわからないものも多いです。
まずは冷静になることかなと思います。そして、平常心をどうやったら維持できるか、そんなことを私はよく考えます。

やっぱり、四六時中そのことを考えるのは良くないですね。
時には息抜きをしないと、自分を責めたり、他者に攻撃的になったりします。
こういう時、悩みを分かち合える家族や友人がいたり、趣味や好きなものがあるのは幸せです。

なんでもできるわけではないですが、できない中にもできることは必ずあるはずです。
おいしいものを食べたり、美しいものを見たり、ちょっとした笑い、一時でも心が癒されれば、意外と活力もわいてくるような気がします。
そういうことができたら、弱っている人に寄り添い、力になることもできそうです。
大変なのは、自分だけではないです。
みんなでここを切り抜けたいですね。
関連記事
福島で暮らす | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示