FC2ブログ

2010国民読書年

2010年08月27日
0065

イベントでいただいたポスターが、とてもかわいい。
国民読書年ポスター。
「めくるめく」ではなく、「めくるめくる、人生。」というのがおもしろいですよね。

ところで、今年が「国民読書年」とは全く知りませんでした。
HPがあるはずと、検索してみると…

2010 国民読書年(文部科学省)

財団法人 文字・活字文化推進機構

たくさんヒットしますが、核となるののは上記2つでいいのか…しかし、ぶっちゃけつまらないサイトですねえ。
国民読書年の趣旨は、まあ…ネーミングで想像できる通りです…以下略(爆)
イベント情報など、基本的な情報は掲載されています。
上記のポスターをダウンロードもできるのでは…と探してみたのですが、公共広告機構のこれまたピンとこない広告がいくつか現れたのみでした(汗)

なんだか地味…ですねえ(苦笑)
国の予算も下りているのでしょうし、もう少しなんとかすれば?
と感じます。
私もこのポスターのかわいさに目をとめなければ、関心を持たなかったかもしれません。
…しかし、ポスター1枚で関心を引きつけることもできるということでもあります、私のように。

私は本の世界が好きだし、目的にも賛同できます。
ただ普段から読書をしている個人ならば、このキャンペーンはあまり関係ない。
普段読書をしない人、子ども、子育て中、教育の現場にいる方にむけてキャンペーン。
特に、読書の習慣は子ども時代に形作られることが多いと思います。
国民読書年もう少しがんばってほしいですよね。
ポスターがかわいいだけに…結局そこか?(笑)




関連記事
| Comments(2) | Trackback(0)
Comment
本好きより
私も読書は大好きでどこに出かける時も文庫本は手放せません。
また、書店に行くのも大好きで時間があれば書店に行っているのですが、残念ながらこのかわいいポスターは見たことが無い。
さて、このポスターはどこにはってあるのでしょう?
図書館に貼ってあるのでしょうか?

せっかく費用をかけてやるならば書店・出版社を大々的に巻き込んでやらないと効果が薄い。予算が少ないからと、予算内で納めることだけを考えてしまい、結局まるっきり効果が無い、何につけても。

先日、WWE(アメリカのプロレス)を見ていると、ちょうどLAで大会をやるということでWWEのスパースター達がLAの様々なイベントに出席していました。その中で「本をもっとよく読んでもらうように」と、図書館にも繰り出していましたが、いつも図書館通いをしているような子が「ここにこんなに人が集まっているのを初めて見た」というせりふが妙に印象的でした。

洋の東西、官と民いろいろありますけどね。
>クッツさん
こんな地味な記事に反応ありがとうございます(笑)
世の中はには、本を読む人と読まない人、2種類きっぱり分かれるような気がします。
となると、図書館や本屋にこのポスターを貼ってもあまり意味ない…本好きに今更アピールしてもしょうがないかも?
クッツさんの見かけないのも当然です。実際は本好きがいなさそうな、プロレスとかF1の会場、球場、サッカー場、あるいは繁華街にべたべた貼ってあるのかもしれません(爆)

…というのは冗談ですが、せっかくかわいいポスターってだけでもネタにできるのだから、誰も知らないのはモッタイナイ、もっと盛り上がって欲しいものですね。

余談ですが、「WWF」という略称を初めて見た時、プロレスの団体か?と思った、動物好きとしてあるまじき私です(笑)

管理者のみに表示