FC2ブログ

12年ぶりの山下達郎ライブ

2010年08月31日
久しぶりに山下達郎のライブへ。
2年くらい前から全国ツアーを再開し、楽しみにしていましたが、行く機会がなく…というか、チケットが取れなくて…今回は何とか3階席が手にはいりました。
「ここ(会場)は12年ぶり」というコメントが、つまり私が最後に来たライブがここなので、12年ぶり…そうか、もうそんなに経つのか(汗)

ツアーはまだ序盤、本人から「ブログなどでネタバレしないように」と釘指されましたので、軽く(笑)
デビュー35周年、今回のツアーはこれまでのようにアルバムを引っさげてではなく、懐かしいシュガーベイブ時代の曲から現在まで。
私には過去過ぎて知らない曲が3分の1くらい、誰でも知っている曲もありました。
あとは久しぶりすぎて、曲名が思い出せない私(汗)
ファンクラブのリクエスト1位の曲が、あの曲だったとは!でもわかるような気がする、私も好きな曲。

達郎さんの番組、FMの「サンデー・ソングブック」は聴いていますが、ライブにくると、この楽しさはやはり別格。
それにしても声、声量に全く衰えがなくてすごい!
いや、厳密にはそうでないのかもしれませんが、迫力は変わらず。
…まあその…年齢を考えるとという意味もあるんですが(滝汗)
以前と変わらぬ歌声、以前と変わらぬ3時間出ずっぱりノンストップのライブ、ちょっと理屈っぽいけれど優しくて気遣いのあるトークも、全く変わらない。
客席は40代くらいの男女を中心に、子どもからおばあちゃんまで。だれでも居心地よくいられる、そういうライブでした。

達郎さんのどこまでも明るくてキラキラしたサウンドの中にいると、幸福感が満ちてきます。
私にとっての達郎さんは、ノーテンキなわけでも、現実逃避でもない。
世の中の美しいものを集めてきたような、幸福感のエッセンスのような感じです。

あとどれくらいできるかわからないけれど、これからはライブを中心に、やれるとこまではやる…と、今となると熱心なファンとはいえない私だけれど、うれしい言葉でした。
ツアーが終われば、またアルバム作り…というか、ライブに突入して制作が遅れているらしい。
まだまだ楽しませてくれそうでうれしいです。

関連記事
音楽・舞台 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 夕涼み | HOME | 熊蜂と蜜蜂 »