FC2ブログ

野の食卓〜2020年春、わらび、コシアブラ、ゼンマイ

2020年05月05日
2020050212.jpg

春の山菜の第一弾がふきのとうや芹、ナズナなら、春の山菜第2弾は、わらびやタケノコ、タラの芽、コシアブラ。
田舎暮らしの楽しみです。

2020042707.jpg
この日はコシアブラを探しに雑木林へ。採るのに忙しくてピンぼけ写真しかない(汗)

2020042708.jpg
小さいものしかなかったですが、これくらい採れたら十分すぎるコシアブラ。天ぷらにしよう。
ナッツのようなコクが好きな山菜です。

2020042709.jpg
ちょっと育ち過ぎたウコギとよもぎも天ぷらに。

2020042710.jpg
別の日、今度はわらび採りへ。このうっそうとした森の向こうにわらびの出る原っぱがあるのです。

2020050205.jpg
この写真では全くわかりませんねえ(笑)

2020050206.jpg
こちらが食べごろのわらび。握りこぶしのような葉っぱが開くと固くてたべられません。

2020050211.jpg
我ながらたくさん採りました(最初の写真)、食べるのも楽しみですが、採るのが楽しい。
わらびはその日のうちに重曹でアク抜きします。

2020042717.jpg
わらびの近くには、フキも出ていました。

2020042720.jpg
路地のウド(山ウドではないという意味)も育っていたのこちらも収穫。
フキは焚き合わせに、ウドは田舎風の炒め煮に。

2020042901.jpg
こちらはゼンマイワラビ。一般的には干すか塩漬け、干したゼンマイワラビは今や高級品です。
マジで我家の敷地内の土手に育ちますが、揉みながら干すという行程が難しいというのでやったことがありませんでした。今年は時間もあるので、そうだ干しに挑戦してみよう…ダメもと!(汗)

2020042902.jpg
さっと茹でてから、一日に何度も優しく揉みながら干す…要するにほったらかしに出来ないという手間ですね。

2020050214.jpg
二日目にはすっかり乾ききったゼンマイワラビ。これが完成…のはず、乾くとほんの一握りです。
ゼンマイがちょうどいい感じに育ち、晴れた日の2日続く、この条件がないとできないってことですね(汗)
食べるのは秋か冬…なぜ秋なのか?たぶん冬のための保存食だからだと思いますが…。戻して煮物か炊き込み御飯がいいらしい。料理上手の友人に持ち込んで作ってもらう予定です。

2020050204.jpg
山菜採りをしているとあっというまに5時すぎですが、5月になると日も長くなり、うろうろする時間も長くなります。
あとは熊に遭遇しないことを祈るのみ(汗)



関連記事
野の食卓・スローライフ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
«  | HOME | 椿の灯り »