FC2ブログ

大鹿桜〜猪苗代町の桜2020

2020年05月16日
2020050563.jpg

久しぶりにやってきた大鹿桜(おおしかさくら)です。
会津でも主だった桜はとっくに終わっていますが、ここなら咲いているのではと来てみました(2020年5月5日)
桜の近くまで車は入ることができますが、道が細いのと、桜のそばに車が停まっているとなんとなく無粋な気がして、手前の土津神社に車を停め、10分ほど歩きました。

大鹿桜
大鹿桜 | 磐椅神社(いわはしじんじゃ)

2020050569.jpg
白っぽいピンクの花は、少し色あせてきたきましたがなんとか間に合いました。
「花の色が白から次第に鹿の毛色に変化」することから、大鹿桜…の名にふさわしい色合いかもしれません。
福島県で最も遅く咲く桜とされていますが、そこは例えくらい、有名どころの桜では最も遅い方というくらいでしょうか。

2020050568.jpg


「会津の五桜」のひとつ。サトザクラの一種でかなりの老木です。
この桜は整った樹形ではありません。撮影しようとすると、とらえどころがないので難しい。周辺に他の桜もあったりで、どこまでが大鹿桜かよくわからないし。人気、映え…という意味でも不利かも。
それでも、こんな風に老いていく桜を大切にして、愛でる文化はいいものだと感じます。

2020050567.jpg
幹は養生されていますが、かなり朽ちてはいます。

2020050564.jpg
境内には推定樹齢800年以上という大杉がそびえています。
幹の途中に葉桜が見えます。これは山桜が寄生したもので「えんむすび桜」として、良縁成就を願い参拝する方も多い…らしい。

2020050565.jpg
境内には何本もの桜があります。一重の桜も美しい。

2020050566.jpg
それにしても、誰もいない…「会津の五桜」なのに。

2020050570.jpg
と思ったら、カメラ抱えた人や参拝客が何人かやってきました。
人がいると、大杉の巨大さがわかりますねえ。

2020050572.jpg

2020050571.jpg
枯れそうな枝もあるけれど、がんばってます。長生きしてほしい。

関連記事
桜めぐり | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示