FC2ブログ

「なす干し」でイタリアン

2020年05月31日


「なす干し」は山形に残る保存食で、夏に収穫したなすを干して乾物で保存します。
私の住む福島県にも切り干し大根など、野菜を乾物にする習慣はありますが、なす干しは聞いたことがありません。もしかすると、昔はあったけれど今は山形にしか残ってないということかもしれません。

そんな山形の「なす干し」を知り、作ってみたくなりました。というのも、我家でも家庭菜園の夏野菜は、最盛期に食べきれないで傷んでしまうことも多いからです。
作り方は簡単、5mmくらいの薄切りにしたなすをそのまま干すだけ、2〜3日以内にカラカラに乾くのがベストです。湿度の高く乾くまで時間がかかると、カビが出ることもあるので。
そのまま通気性のいいところで保存するらしいですが、我家では乾物の保存は冷凍庫で。

食べ方は、水から茹でて沸騰したら一晩から半日そのまま、アクがで黒くなった水をいったん捨て、きれいな水で少しおく。水を切り調理します。
なす干しのおもしろいところは、戻しても煮崩れせず、なすの味が濃厚、そして肉のような食感になることです。
ちくわや油揚げといっしょに炒め煮がたぶん一般的です。

これってトマトソースとも合いそう。
ベーコンとニンニクを炒め、干しなすを入れて、なじんだところでトマトソースとしばらく煮込む。食べる直前にチーズを乗せ、オーブンで融けるくらいまで焼く。
なすとトマトの濃厚なうまみ、パンにもパスタにも最高!干しなすの新しい世界を自分が発見した気分です(そんなわけないです)

2020052417.jpg

生のなすもおいしいですが、オリーブオイルで焼くなど、どうしても油が多くなります。(特に健康志向という意味ではないですが)これだと野菜の味も生きて、いくらでも食べられます。

作り方や戻し方、食べ方はネットで検索するといろいろ出てきます。もちろんイタリアンもあります。
ちなみにトマトが食べきれない時はソースに、ミニトマトは半分に切ってやはり干す、セミドライにして冷凍にしておくと使いやすいです。

関連記事
野の食卓・スローライフ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示