FC2ブログ

山法師

2020年06月20日


この夕柘のさ枝の流れ来ば 梁は打たずて取らずかもあらむ
詠み人知らず 万葉集

夕ぐれに柘の枝が流れてきたら、梁を仕掛けないで取ることができるだろうか。

柘(つみ)=ヤマボウシ、柘のさ枝は美女に変身するという柘枝伝説(つみのえでんせつ)から。
男が持ち帰った柘の枝は美女になり、妻に迎えてしあわせに暮らすも、天女である美女は天に帰ってしまう。伝説や昔話にあるパターンですね。

うっかり小枝を持ち帰ったら…?
いずれ去ってしまうなら、出会わない方がいいなどど私は思ってしまいますが(笑)

2020061408.jpg
関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示