FC2ブログ

ノビネチドリとハクサンチドリ〜6月、浄土平の植物

2020年07月01日


6月下旬の浄土平や桶沼では、思いのほかたくさんの草花に出会いました(2020年6月21日)
おお〜ハクサンチドリが咲いている!…と思ったら、良く似たノビネチドリ、どっちでもすごくうれしい。

浄土平ビジターセンター

2020062106.jpg
美しいですねえ、山野草としてはかなりゴージャス。
ノビネチドリはハクサンチドリに比べて花が少しまるっぽく、葉が皺っぽく波打っています。

2020062105.jpg
こちらは小さいノビネチドリ、

2020062110.jpg
そしてしばらくいくと、今度はハクサンチドリに出会いました。
花弁が尖っていて、葉がしゅっと伸びているのが特徴。

2020062145.jpg
いいですねえ、美しいですねえ。


2020062108.jpg
ベニバナイチヤクソウ(紅花一薬草)の群生
明るい緑の中に、濃いピンクの鈴が林立してとてもかわいい。「一薬」とある通り、薬草にも利用されてきたらしい。

2020062109.jpg

2020062107.jpg
ベニバナイチヤクソウとノビネチドリは近くに咲いていて、山野草としてかなり華やかな一帯でした。

2020062102.jpg
ツマトリソウもたくさん咲いていました。

2020062103.jpg
ちいさな花ですが可憐。

2020062112.jpg
森を歩くと、樹下にマイヅルソウ

2020062101.jpg
日当りのいいところでは、トリアシショウマか、○○ショウマ?

2020062115.jpg
この日の主役はやはり湿原のワタスゲ、一面のワタスゲには感動しました。

2020062124.jpg
シモツケは咲き始めたところ。

2020062121.jpg
イソツツジ。小さなシャクナゲという感じ。
湿原のワタスゲにまぎれてしまっているけれど、きれいです。

2020062128.jpg
湿原の灌木、桜の実です。このあたりにミネザクラがあったので、それでしょう。

2020062127.jpg
登山道近くにはクロマメノキ。ブルーベリーに良く似た花。

2020062125.jpg
ミネヤナギ

2020062126.jpg
ウラジロヨウラクは咲き始め。

2020062129.jpg
桶沼にむかう森に入るとたくさんのシダ。

2020062131.jpg
エンレイソウの花の後

2020062130.jpg
桶沼周辺の林の中にムシカリ(オオカメノキ)

2020062147.jpg
カラマツソウと思ったら違う、モミジガサとも違う。
帰宅して調べてみるとミネカエデ、丈が低いので植物だと思いましたが、樹木でした。高山では丈が1〜2mくらいにしかならないらしい。
そういえば紅葉の頃、このあたりは黄色の紅葉がきれいだったな、あれはミネカエデだったか…。

2020062133.jpg
ヤシオツツツジ(ムラサキヤシオ)
ムシカリもヤシオツツジも終わりかけだったけれども早春の花、ここは日陰でより春が遅いのかも。

2020062134.jpg
吾妻小屋近くの森の中、低いところに咲いていました。
ミカン科シキミの仲間、ツルシキミ、ミヤマシキ、ハイミヤマシキミ、いい方が違うだけかもしれない…特定は難しい。

2020062140.jpg
ゴゼンタチバナは1輪だけみつけました、夏の花が咲き始めです。

関連記事
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示