FC2ブログ

夏の一切経山トレッキング

2020年08月04日
2020072615.jpg

久しぶりの一切経山トレッキングです。
登山口の浄土平は磐梯吾妻スカイラインのドライブ含めて、散策にたびたびやってきていましたが、火山活動が活発になり登山禁止の期間もあったりで、本当に久しぶりという感じです。(2020年7月24日)

コース(約5時間)
浄土平駐車場〜酸ヶ平湿原〜酸ヶ平避難小屋〜一切経山頂上〜酸ヶ平避難小屋〜酸ヶ平湿原〜鎌沼・姥ヶ原〜浄土平駐車場

浄土平ビジターセンター

2020072602.jpg
午前中は絶好の登山日和。雲もあったけれどとにかくきれいな空をたくさん見ました。

2020072601.jpg
細かなうろこ雲が美しい。
長い梅雨の合間、久しぶりの青空、登山でなくても磐梯吾妻スカイラインはドライブに最高。浄土平駐車場はほぼ満車でした。登山者向けの奥の駐車場にもかなりの車でした。
GoToキャンペーンの是非もあり、ここまで来る道筋でも、なんとなく他県ナンバーの車を探してしまいましたが、9割くらいが県内と近県、10台に1台くらいが首都圏とその近郊という感じ。

2020072604.jpg
イワオトギリがたくさん咲いています。里山のオトギリソウより小ぶりです。

2020072629.jpg
マルバシモツケも盛りです。

2020072605.jpg
登山口の湿原と灌木の林を抜けると本格的な登山道、気分も上がります。

2020072607.jpg
ぬかるんでいるかなと思った場所は、木道が新たに整備されていました。
歩くと途端に汗ばむのですが、時おり風もあり快適です。

2020072608.jpg
鎌沼に続く分岐の酸ヶ平湿原、奥に酸ヶ平避難小屋が見えてきました。
避難小屋は火山活動に対応したコンクリートのがっちりした作りです。私は素通りでしたが、中には結構人がいました。
帰り道に通った時はちょうど昼食の時間帯、三密ってほどではないけれど、小屋ではたくさん人が昼食を食べていました。こんなに快適な天気、わざわざ密な小屋に入らなくてもいいんじゃないかと思いましたが…(ま、人ごとだけどね)

2020072610.jpg
高層と低層の雲のコラボレーション。

2020072612.jpg
酸ヶ平避難小屋をすぎてからが傾斜がきつくなり、このルートで一番の難所。石もごろごろしてすべりやすいのです。
登山客も多かったこの日、早い下山と遅い登山(私)がここで重なり、人を最も多く感じました。

2020072611.jpg
見下ろせば、登山道の分岐と避難小屋。

2020072613.jpg
酸ヶ平湿原の先に鎌沼が見えます。この開けた景色はとても好きです。
帰りは鎌沼を通ります。

2020072614.jpg
頂上です。おお〜人がけっこういますね。
頂上はたいてい風が強いのですが、この日も強かったなあ。

2020072616.jpg
そして最大の目的、魔女の瞳こと五色沼を見下ろすビューポイントへ。

2020072617.jpg
少し薄曇りでしたが雲がぐんぐん動きます。時々太陽が顔をだすと、湖面がとたんに鮮やかな色になり、登山客から歓声があがります。

2020072619.jpg
濃い青からエメラルドグリーン、神秘的な美しさです。

2020072620.jpg

2020072622.jpg
西吾妻方面、濃い緑の山々を雲の陰が通り過ぎていきます。

2020072621.jpg
いつまで見ていても飽きませんが、風はやっぱり強いので、昼食は当初の予定通り鎌沼まで行ってからにすることに。

2020072624.jpg
頂上近くからは磐梯山も見えるポイントですが、この日は雲がかかっていました。

2020072626.jpg
頂上から少し下ると、吾妻小富士の噴火口がとても近くに感じられます。
ちょっとゴマでも擂りましょうか?ってくらい、きれいなすり鉢状の火口です。

2020072625.jpg
吾妻小富士の麓、遠くにスカイラインが見えますが、なんと渋滞?
浄土平駐車場に入る車で、一時的に渋滞になっていたらしい。

2020072628.jpg
登りもキツいが、下りは滑りやすいので危険箇所、慎重に。

2020072638.jpg
鎌沼に到着は12:30くらい、すでに人出のピークは過ぎて、人もまばらです。
ここは頂上のような強風はなく穏やか、静かな湖面を眺めながら昼食です。

2020072637.jpg
目の前に小さなリンドウ。この日たくさん目にしたタテヤマリンドウです。

2020072640.jpg
リュックの中身をお腹に入れ替えたところで、鎌沼をめぐり下山です。
鎌沼周辺は湿原に木道、平坦なので散歩気分です。

2020072639.jpg
わかった、わかった、クマ鈴も持ってるし。

2020072643.jpg
曇ってきたけれど、とても静かで落ち着く風景。

2020072644.jpg
シャクナゲが満開でした。
山を歩いているとシャクナゲの木はたくさん見るけれど、咲いているところに遭遇するのは珍しいのでとてもうれしい。

2020072670.jpg
花も大きくて見事。

2020072650.jpg
ナナンカマド、早い紅葉が始まっています。

2020072655.jpg

2020072660.jpg
だいぶ下ってきました。

2020072672.jpg
前日までの雨で小川なっている箇所もあるけれど、思った程ひどくはないです。

2020072679.jpg
白い噴気が…火山活動がわかりますね。

2020072678.jpg
吾妻小富士に登っていく人たち。軽く登れるけれど、スニーカー以上で、あと日陰がないので炎天下は要注意。

2020072673.jpg
さあ、ゴールの浄土平湿原です。少し陰ってきたからでしょうか、湿原が秋色になってきたように見えました。

午後2時半、もう少し散策しようか、吾妻小富士まで登ってみようか考えていると、空からボツリ…夕方から雨の予報でした。
引き上げた方が良さそうと車に戻ったとたん、本格的に降り始めました。
まだ山にいる人は大丈夫だろうか?やっぱり登山に雨具は必要ですね。



関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示