FC2ブログ

いろいろな意味でおもしろい…ベルサイユ宮殿の村上隆作品

2010年09月16日
現代美術家というより、アニメキャラのような巨大な美少女フィギュアなどで知られる村上隆氏の作品。
評価はするものの、私は特に大好きというわけでもないし、もちろん嫌いではないので、近場で展示があれば間違いなく見に行く、そんな感じでしょうか。

ベルサイユ宮殿で、今月から12月まで企画展示されている村上隆氏の作品展は、賛否両論があり、抗議集会が行われているというニュース、気になってはいました。
熱心に記事を読んでいたわけではありませんが、ああいう作品は好みが分かれるし、保守的な方なら好まないだろうなとは思っていました。

ところが「極右集会が抗議デモ」なんて記事まで出てくると、穏やかじゃないなあ、何じゃそりゃ?でして(汗)もう少し詳しく読んでみることに。
ニュースは検索すると、写真と共に多数出てきます。

ベルサイユ宮で村上隆氏の作品展=反対派が抗議集会―仏

村上隆氏、ベルサイユ宮殿での作品展に賛否両論-AFPBB News

ベルサイユ宮殿に村上アート咲く 村上隆氏作品展示-日経新聞

ベルサイユ宮殿に金の巨大カッパ 村上隆さんの作品展


ネットのニュースの他に、フランス在住の方のレポートなども読ませて頂くと、実際の抗議集会は100人どころか、10数人と小規模、「極右」というにはほど遠いようです。
文化財や伝統、クラシックなものをこよなく愛す年配の方々が、村上作品は別に嫌いじゃないけど、ベルサイユ宮殿にはあわないし…という程度の陳情、アピールだったらしい。
マスコミも、取材しがいがなくてがっかりだったとか(苦笑)

ベルサイユ宮殿に村上作品がマッチするとは、私も思いません。
しかし、こういう企画はギャップを楽しむことが大事なんであって、それがこの会場を選んだ理由でもあると思います。
現地を見てないの何とも言えないところはありますが、期間限定で20点程度の展示ですし、そう目くじらたてなくてもと。
日本より欧米での評価が高い村上氏、ましてフランスは、海外で日本のアニメ文化がもっとも浸透している国と言ってもいいので、このような企画はわかるような気がします。
今回賛否があるということは、村上氏はじめ企画する側も、十分想定内のようです。
逆に「抗議デモ」が話題作りになっていると言っていいくらいですね。

ところで、かのベルサイユ宮殿には、世界中から大勢の観光客が訪れますが、日本人を含むアジアの観光客からは、村上作品は大変不評だとか。
…ですよね。ここまでわざわざ来るということは、ルイ14世時代の華やかななりし宮殿の雰囲気を味わいたくていらっしゃるわけで、そこに唐突にアニメキャラみたいのが展示されていたら興ざめというものでしょう、それも「鏡の間」だというし、運が悪かったとしか(汗)
私もベルサイユまで村上作品を見に行くことは…たぶん、ないだろうなあ。
お気持ちお察し致します(笑)

関連記事
アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示