FC2ブログ

夏の一切経山、浄土平で出会った植物

2020年08月05日
2020072642.jpg

梅雨の狭間をぬってのトレッキング。季節の花がきれいでした。
実際のところ、あの花!…と狙って出かけても早かったり遅かったりするのがあたりまえの高山植物、その時どんな花が咲いているかはご縁のようなものですね。(2020年7月24日)

2020072603.jpg
登山口、標高がまだ低い場所にはイワオトギリ。里山のオトギリソウより小振りな分、花が大きく見えて可憐です。

2020072641.jpg
赤いつぼみがアクセントでかわいい。
オトギリソウは我家の近所にもあるけれど、つぼみはこんなに赤くないと思う。

2020072609.jpg

2020072675.jpg
湿原の白い花はシラネセンキュウ。
セリ科の花は似ているので毎回調べてるような気がする。

2020072674.jpg

2020072630.jpg
マルバシモツケは花盛り、たくさん咲いてました。

2020072606.jpg
クロマメノキ、ブルーベリーそっくり。

2020072627.jpg
イワカガミの花の後。

2020072633.jpg
湿原には小さなリンドウ、小さくて気にもとめず通り過ぎる人が多いけれど、可憐で美しい、見入ってしまいます。
ずっとミヤマリンドウだと思っていましたが、調べてみるとタテヤマリンドウ。わかりにくいですが、花の中心にそばかすがあるのがタテヤマリンドウ。

2020072635.jpg
緑の湿原にポツポツと青いリンドウ。

2020072636.jpg
可憐ですねえ。

2020072634.jpg
ネバリノギラン
これが咲いた状態というちと地味な花。

2020072676.jpg
うれしかったのはハクサンシャクナゲの花盛りだったこと。
梅雨時に咲くこともあり、たくさん咲いている所にはなかなか遭遇しないのです。

2020072659.jpg

2020072647.jpg

2020072649.jpg

2020072646.jpg
つぼみの濃いピンクが淡い色で開花していく様子が美しい。

2020072677.jpg

2020072648.jpg
鎌沼のほとりは、コバイケイソウの群生地。
花はもう終わっているけれど、そもそも花の跡が少ない、今年は花の少ない年だっもよう。

2020072645.jpg
モミジカラマツ(紅葉唐松)。

2020072632.jpg
キタゴヨウ

2020072631.jpg
松ぼっくりがでかい。巨大魚のウロコのよう。

2020072652.jpg
オオシラビソ(アオモリトドマツ)

2020072651.jpg
新緑のグラデーションが美しい。

2020072657.jpg
アカマツ

2020072653.jpg
初夏、いちめんの綿毛がきれいだったワタスゲはアンディー・ウォホール風に変身。

2020072654.jpg
少し離れた所に遅いワタスゲの花。

2020072658.jpg
ゴゼンタチバナ

2020072667.jpg
ミヤマホツツジ(深山穂躑躅)
花柱(雌しべ)が象の鼻のように伸びてくるっとまるまっているのが特徴。

2020072668.jpg

2020072661.jpg
トリアシショウマ、ショウマの仲間は似ているので自信がないけれど。

2020072664.jpg

2020072680.jpg
クロヅル

2020072683.jpg
イタドリは我が近所にもたくさんあるのですが、種類がよくわからない。

2020072681.jpg
イタドリの赤い花のものをメイゲツソウ、あるいはベニイタドリ。このあたり検索する度にいろいろ出てきて名称が定着してない感じ。

2020072665.jpg
ニガナも特定が難しい、これはハナニガナか?

2020072685.jpg
ダケカンバの樹皮は天気がよければ輝くように白いのだけれど。

2020072656.jpg
ミネザクラ、たくさんのサクランボが実ってます。

2020072662.jpg
アキノキリンソウを1輪だけみつけました。

2020072671.jpg
ヤマハハコのつぼみ。

アキノキリンソウ、ヤマハハコ…7月下旬でも山には秋が近づいてますね。

2020072682.jpg
道路沿いで見つけたコウリンタンポポ、やっぱり秋が早い。

関連記事
トレッキング・アウトドア | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示