FC2ブログ

中秋の名月&只今木星接近中

2010年09月21日
たまには夜空を眺めてみようか…と思う時に限って天候がよくない、ついてない私ですが(汗)9月22日は中秋の名月です。
月下で宴会など、全く予定にないですが(笑)、晴れてお時間があるなら十五夜の月でも眺めみてはいかがでしょうか?

さて、相次ぐ謎の閃光現象や、縞々が減ったとか、最近なにかと話題の多い木星。
現在47年ぶりの大接近だとか。全く知りませんでした。
夕方の東の空、深夜は天頂宇付近、とても明るい星、というか有りそうな位置で、一番明るい星が木星ですから、すぐ見つけられますね。

地球と木星、47年ぶり大接近

6月の閃光現象をとらえた写真(ハッブル宇宙望遠鏡)
HS201020

おお、動画もあるんですね。日本の方の撮影、すごいなあ。

Jupiter impact flash Aug 20 2010
by Masayuki Tachikawa, Japan


「隕石の衝突」というのが結論のよう。
木星は巨大なガスの惑星、閃光の仕組みなどは、まだまだわからないことが多いのでしょうね。
ところで、このような現象は実は頻繁に起きているらしいというのが最近の定説。
これが地球に起きたら?
映画「アルマゲドン」ですね。最近TVで放映されてましたが、改めて見るとアラばっかり気になって楽しめませんでした(汗)

隕石や彗星は太陽系付近にたくさん存在しており、いつどこに衝突してもおかしくはない。
しかし太陽系は、木星や土星など巨大惑星の引力が大きく、そちらに吸い寄せられるため、地球衝突の可能性が低くなっていると聞いたことがあります。
つまり、木星と土星はいわば守り神みたいな存在なんですね。

我が家付近は、このところ曇り時々雨の天気が続いています。
明日の深夜は晴れとの予報ですが…。
中秋の名月と木星が見えるでしょうか。


関連記事
サイエンス・ネイチャー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示