FC2ブログ

ガマ VS セイタカアワダチソウ

2010年10月29日
101020

10月、帰化植物のセイタカアワダチソウの黄色い花が目立ちます。
帰化植物のセイタカアワダチソウは、アレロパシーという他の植物の生長を抑える物質を放出し駆逐するため、辺り一帯がセイタカアワダチソウという光景がよく見られます。

長く休耕田だったこの場所は、ガマ(蒲)の穂が群生する風情ある湿地でしたが、数年前から徐々にセイタカアワダチソウに占領されつつあります。
奥の方から徐々に領土拡張という感じですね。左手前に残ったガマも、来年は無くなっているかもしれません。

昭和40年代、日本でセイタカアワダチソウが爆発的に増え始めた頃、日本はセイタカアワダチソウで埋め尽くされる…などと子ども心に思いましたが、ここまで繁殖すると、土壌の栄養分を使い尽くし、また自身にアレロパシーが作用し(つまり自家中毒みたいなもの)今度は減っていきます。
しかし以前ほどの勢いはないもの、新たな土地では群生しやすい植物です。

ガマを駆逐したセイタカアワダチソウは、何年後かには自身のアレロパシーによって衰退することでしょう。
しかしその時に、ガマの湿地が戻ってくるかどうかはわかりません。
一度変わってしまったものは、なかなか戻らないのです。


関連記事
動植物 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>セイタカアワダチソウ記事に非公開コメントを頂いた方へ
セイタカアワダチソウの花はとにかく目立ちますね。
一面黄色だと圧倒されますし、やはり脅威も感じます。

>十朱幸代「セイタカアワダチソウ」
ああ、覚えてます~なつかしい~。たしかNHKの「みんなのうた」で放送されたので。
どんな歌だったか、ヒットしたのかどうかも忘れてますが、あの頃人気女優がレコード出したりという企画がよくありましたね。
…と、検索したらありました。

http://www.youtube.com/watch?v=78_VVN5ZMZE


管理者のみに表示