FC2ブログ

真央のシーズンは始まったばかり 全日本選手権2010 

2010年12月28日
感想はすっかり出遅れていますが、安心して年を越せそうで良かった良かった、くどくど感想述べなくていいということで(笑)
ようやくここまで来たと言えばいいのか、もうここまで戻ったのかと言うべきか。それは真央ちゃん自身が決める事でしょうか?ファンとしては、ようやくですよね。
全日本連覇は逃しましたが、そんなことより価値のある2位でした。

カギはSPの1発目の3A、完璧とは言えないけれど、要は気持ちの問題、そこさえクリアすればもう大丈夫。
ジャンプを決めた後の笑顔、演技後の笑顔は本当に久しぶりです。

現実的なことをいえば、ジャンプ含めて課題はまだまだあります。
プロトコルを見ると、記号がたくさん!(汗)
それとプログラムの深まり表現も、特にSPはジャンプが決まっことの喜びに酔いしれましたが、タンゴという感じではなかったですよね。(…あと、衣装がちょっと…)
FPはもう少しスピードが欲しいし、緩急、メリハリがあったたほうがいいと思いました。
そういう意味で、内容が素晴らしかった美姫ちゃんが優勝で良かったのではと。
真央ちゃんは、まだまだこれからだということを、ファンとして再確認もできました。

演技後リンクをあがるところで、信夫コーチが今か今かと待ち受けていて、うれしそうに抱きしめる姿にじーんときました。
一時は真央ちゃんを引き受けたことで、心労が増えるのではと余計な心配もしたのですが、最近の信夫コーチは、コメントからも映像からも活力が満ちているように見えます。

それにしても、スケートや所作の美しさは一段と磨きがかかったと感じました。
どこまで美しくなってしまうのだろう?
それは信夫コーチの下、こづというチームメイトの存在を含め、新しい体制がうまくいっていることがありますが、何度も言うように真央ちゃんのスケートには、全てのものを浄化してしまう、天上的なものがあります。
これまでの道のりはきれい事ばかりではないはず、しかし表現者真央は、そのような苦労などなかったような、天から舞い降りてきたようなピュアな存在に感じます。
見ているこちらの心も洗われていくような幸福感が…いいものを見せてもらった。
昨夜のEXを見ながら、改めてそう思いました。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
笑顔が見たかった!
その一言に尽きます。
真央ちゃんが笑顔で終われてよかった!!

ニルギリさんのおっしゃる様に課題はいっぱいありますが、きっと次には克服していくと思います。
なので…
真央ちゃんの『世界選手権のときには、満面の笑み』会場でそれ見て泣く私。
それをイメージしてワールドのチケ取りに励みます。
>pakuさん
コメントありがとうございます。
真央ちゃんの笑顔、あれを見ただけで報われた気持ちになります。
課題がいっぱいというのは、まだまだ伸びる、できるという意味で、これからが楽しみ!ということでもありますね。

ワールドチケット、やはり苦戦してますか?
う~ん、どなたもそうですね。先行予約でなんとか決着つけたいですね。
お互いがんばりましょう!

管理者のみに表示