FC2ブログ

2010~11年末年始、フィギュアスケート関連思いつくまま…

2011年01月06日
○教えて高橋大輔選手(NHK)
スピンを速くきれいに回るには?
連続ジャンプを跳ぶには?
君たちもう少し空気読みなさい…と思ったのは私だけではないでしょう(笑)

○紅白歌合戦(NHK)
普段ジャッジされてるダイスケがジャッジ席とは感無量!
それよりウケたのは、右に寺島しのぶさん、左に上野樹里さん、後ろに長光コーチ、強そうな女性に囲まれ、なるほどねえ来年も強い女性に縁がありそうと、深く頷いた私です。
え?女の争いに巻き込まれたらですか?…大丈夫、斜め後ろには渡部トレーナーも控えてます。
紅白を真剣に見るのは何年ぶり?という私ですが、最近のヒット曲はピンポイントなので、知らない曲多数、あるいはサビしか知らないとか(汗)あと意外と演歌が少ないんですね。
個人的にツボだったのは、小林幸子さんが丹頂鶴に乗って登場したことについて、審査員の野口聡一宇宙飛行士が「はやぶさかと思いました」とコメントしたことです(笑)

○開けましておめでとうございます
海外の彼のファンが、顔文字だらけのツイートを自動翻訳して困惑してるのでは?…なんてことを考えてみたり(笑)
多くの選手がTwitterを始め、うれしい反面、大丈夫か?…などと思うこともありましたが、これだけ多いと、ま、いいんじゃない…と、あっというまに気が変わった私です。

○本田コーチ実家で年越し
同じ市内に住む友人が、わかってたら年始持って遊びに行ったのに…と言ってました(笑)

○2010 ARTISTRY on ICE(J-SPORTS)
シェンツァオ氷上結婚式
中国で本格的にアイスショーはこれが初めてだとか、なんか新鮮でした。
真央ちゃんがSP初披露で話題になりましたね。衣装が以前のタンゴの衣装のせいかタンゴらしく見えました。競技でこの雰囲気が出せれば。
それにしてもジョニーのレディガガとか、おめでたい席でいいのだろうか(汗)
プルさんの肉襦袢がリアルにグレードアップしてたのでびっくり、チープな作りの方が笑えるような気も…。
シェンツァオの「トゥーランドット」、競技プロも良かったんですが、ショーのプログラムも素敵ですよね。

○All That Skate' Summer 2010(J-SPORTS)
韓国で開催されたヨナちゃんのアイスショー。
オープニングの衣装がダサ過ぎて一瞬焦りましたが、あとはとても豪華で楽しかったです。
ランビの「ウィリアム・テル」、サーシャが素敵でした。サーシャ、やっぱり好きだな。
ジュベールがこのショーの出演したことで、気持ちを切り替えることができたらしい。

○全日本選手権BS放送(BSフジ)
いやあ、会場音だけって快適ですね!
どんなスポーツでも、競技そのものにドラマがあるのだから演出は不要です。
実況が全く不要だとは思いませんが、あんまりな放送が多すぎて、極論としてこういうことを言われてしまうのです。
そういう声はコアなファンからだけでなく、特にスケートファンでなくともあると私は実感していますが、全く反映されてないのが残念。
CS以外の放送は、NHKも例外ではなく、全体にしゃべりすぎていると思います。
フィギュアスケートの魅力はプログラムの表現や芸術性も大事なポイント、実況がいかにそこを阻害しているかを考えて欲しい。
豊富な知識や情報をひけらかしたいのなら、演技前後に集中して話せば十分。演技中解説者の言葉を繰り返す必要もない。
特に全日本女子に関しては、予定原稿の意味不明な形容詞やら、どこからか拾ってきた美辞麗句をまくし立てるだけ、アナは目の前の競技(出来の善し悪し)の判断すらできていない、勉強もしていない、結果としてプロの実況ができないから、言葉をならべてごまかしているようにしか見えません。

BSの副音声は快適、これでもっと多くの選手を放送してくれたらねえ。
MOIも楽しかった。
町田君がいないのは残念でした。
競技の放送では完全スルーだった田中刑事君が、ジュニアワールド代表としてMOIで見られたのはうれしかったです。SPでしたね。
とにかく、だめだめだった全日本ジュニアでもかっこよかったんですから。長光コーチ&ミヤケン振付ということもありますが、ダイスケのカラーを継承してくれそうな雰囲気。と書いてたら、こんな記事が…ま、わかりやすいタイトルにしただけだと思いますが。

フィギュアスケート “第二の大輔”は16歳(読売1/6) 

日野君の「太陽にほえろ」はびっくり(笑)表現面がまだ…と評されることも多いですが、プログラムとの出会いかもしれませんね。
木原君の「ヤマト」、私はヤマトに思い入れのある世代ですので言わしてもらいますが、ユニフォームはもっと忠実にして下さい(爆)
地上波でバックヤードに映ってたのに放送がなかったランビが、BSではありましたね。「椿姫」いいですねえ。
日本に来たついでに、ダイスケに「スピン冬期集中講座」をやってほしい。
MOIではランビの後に、こづ…ですか(汗)華とかオーラとか地味なんでは?と心配でしたが、全く見劣りしないと感じました。こづ、すごいなあ。

○とんねるずのスポーツ王は俺だ!5時間スペシャル!!(テレビ朝日)
とんねるずは嫌いではないのですが…う~ん、ここは軽~く笑って流さなくてはなくては~と思いつつ、笑えなかった私(汗)

○J-SPORTS放送予定
男女シングルは、全米、ユーロ、四大陸、全てライブ放送!
バンザイ!
…しかし、寝る暇があるのか自分?(汗)

小塚崇彦「世界フィギュアではリンクで熱気を感じたい」(日経1/6)
全日本優勝インタビューが謙虚すぎて、もっと堂々としてればいいのに…と見てましたが、それも彼の個性かな(笑)リンクでも、リンク外でも、誰とも似てない、こづらしさ、それを最近強く感じます。
やるべき事をきちんとやって結果を残した、たくましくなりましたね。
記事の後半にソチについて

>「(略)これからの3年でフィギュアのルールも変わるかもしれませんし、いろいろなことに臨機応変に対応できることが大事だと思います」

「ルールも変わるかもしれませんし」という部分に妙に反応してしまいました(苦笑)
そうなんですよね、現役でいることは、ルールに対応すること、がんばれ、みんな!

○ライサチェク、全米選手権欠場
今季はお休み、ショー続き、当然と言えば当然か。このまま引退?
キャロルコーチの拠点が変わったので、ライサが競技に戻るとしたら、いろいろ大変なはず。コーチ変える手もあるけれど、現実的な感じはしませんねえ。

○全米とユーロ
エントリーがでたんですね。
ユーロは…なるほど、つうか優勝候補って誰?(汗)
ジュベ!と大きな声で言えないのがね(涙)
あれこれ考えるとキリがない…。

…いかん!
話がマジっぽくなってなってきたなあ。
ここは笑いで終わらせなくては(←使命感)

2011年東京ワールドあり得なさそうな初夢(←遅いっちゅうねん)というか妄想
 注)冗談ですから真に受けないように、念のため。
○こづ全衣装を華麗に一新!
○美姫優勝決定のキスクラ(つまり最終滑走)で、ニコライがチュー&プロポーズ!
○真央優勝が決まった瞬間、祝福のため、いち早く駆けつけたタラソワとローリーが鉢合わせ、取っ組み合いに!その間に久美子コーチとこづが真央をハグ。
○真央のEX、ショパンのバラードは生演奏、辻井伸行君かと思ったら…なんとマーボナス(マバヌーサディ)が生演奏!
○ダイスケEXアンコール、マラカス持って踊りまくり!(あ、ありそうかっ?)
○プルさんEX、演技後着ていた肉襦袢を脱ぎ、思いを託しある選手に手渡す…果たして誰に?
関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示