FC2ブログ

2011ユーロ男子シングルSP

2011年01月28日
あっちこっちでいろいろ始まっていますが、ひとまずライブ観戦したユーロの男子シングルから。
ユーロの実況はランビって聞いてたんですが
…あ、スイスだけ?(汗)
「ランビは日本語話せないから」と友人から突っ込みが。
同時通訳で!

というわけで、いつもお世話になっている樋口コーチ&小林アナで。
会場は噂通り思いっきり寒そう!あれが支給された軍用毛布か。
ミノムシみたいに着込んだマダムが。
客席見ると、日本からも結構行ってるみたいですね。

European Championships 2011 results

ブライアン・ジュベール選手(7位)
うーん、4回転はなんとかこらえたものの、勢いに欠けていたこと、ルッツで転倒。
これは厳しい(涙)
会場の落胆の雰囲気に、ああユーロで人気があるんだよねえ…と、再認識、しかしねえ…。

フェルナンデス選手(11位)
4回転は入れてないし、まとめてくるのかと思ったら、ステップで転倒。何が起こったのだろうと思いましたが、靴のトラブル?残念!ついてないなあ。
ニコライが吐きそうな顔。

ケヴィン・バン・デル・ペレン選手(4位)
4+3他、ジャンプを全てクリアに決めました。
スピン頑張った(ケヴィン比)
ステップも頑張った(ケヴィン比)
衣装も良かった(ケヴィン比)
ガッツポーズ出ました!うれしそうです!

トマシュ・ヴェルネル選手(5位)
3Aで豪快に転倒(汗)
しかし後は良かったです。プログラムはちょっと当たり前すぎて、それほど好きではないのですが、スケーティングだけでも魅せられる、本来のトマシュのスケートが戻ってきたような気がして、うれしかった。

ガチンスキー選手(3位)
とても良かったと思いましたが、スピンノーカンだったとか(汗)
トマシュの後だとスケートが粗く見えてしまうのが残念。
ミーシンに…え?チュー?

ミハル・ブレジナ選手(2位)
ジャンプは全てクリア、スピード、流れの美しいスケート、個性的な鼓童のプログラムも素敵です。ブランクの影響は感じませんでした。
すごく良かったです。個人的にはSP1位で!

アモーディオ選手(1位)
悪くないと思いましたが、GPSはもっとすごかったのを見ているので、少しおとなしく感じてしまいました。

シュルタイス選手(15位)
ジャンプをミスすれば、どーんと下がってしまうシュル太ですが、さすがにショックな顔。いつのも異形の存在感がなくて、というかちょっとやつれて見えたのが心配。

実績のある有力選手が、次々と豪快に転倒する中、若手が健闘といえますが、トップのアモーディオ選手ですら78点、いまひとつ突き抜けた演技が見られなかったのが残念。
その中でも、トマシュとミハルのスケーティングの美しさが光っていたように感じました。
ジャンプはケヴィンが圧倒してましたが、他がね…(汗)
1位78.11点から、7位ジュベールの70.44点までそれほど差がないので、どのような事にもなりそう。
7位ジュベール、まさか最終グループ落ちとは…(涙)
しかし、幸か不幸か点差はそれほどでもなので、表彰台は厳しいかもしれませんが上位には行けそう…どうよ?

バックヤード、トマシュとミハルが楽しそうにしていて、日本男子の仲の良さを思い出します。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示