FC2ブログ

2011ユーロ 男子シングルFS

2011年02月01日
European Championships 2011 results

コンスタンチン・メンショフ選手
SP14位、大丈夫かロシア?とつい考えてしまいますが、クワド2本びしっと決めて、FSだけなら4位。良かったことは良かったが、この安定感のなさがやはり心配な感じが…(汗)

アドリアン・シュルタイス選手
頑張ってくれ!…と、そう思うしかないのですが、4Tは決めたものの、4T決めたことを忘れさせるように精彩がないというか…(汗)、勢いがかけてましたね。
いい時のシュル太とかけ離れているので、なんと言ったらいいのか。
いろいろツッコミ入れながら見るのが楽しいシュル太、これじゃ突っ込めないぜ(涙)

ブライアン・ジュベール選手
久しぶりにいい顔見ました!
ジュベールらしいスケール感があり、ようやくプログラムの良さが伝わってきたような気がしました。
クワドと3Aを決め、フリーだけなら1位、ああよく頑張ってくれたな…そういうほっとした思いと、これではまだまだ…という気持ちが交互にきます。
まあ何というか、SPとFP両方パーフェクトは難しいにせよ、どちらかだけでもジュベールらしいスカッとする演技が見たかったというのが本音。
表現力、表現力いうより、勢いがジュベールの表現力なんだし…うーん何しゃべってんでしょうか私(汗)
スピンなど具体的な課題も多いですが、不調の一端はメンタルなのかなという気もしますね。
自分でなんとかなる部分と、まわりのサポートの部分と、なかなかかみ合っていないように見え、外野としては歯がゆい。
国内外でまたいろいろ言われているようで、かわいそうな気もしますが、それだけ人気があり注目される存在だということなのでしょう。
ああでも表彰台に乗れて良かったなあ!本人が一番ほっとしたんじゃないかな。
喜びより安堵ってのが、ファンとしてちと情けないけど。

フェルナンデス選手は、クワドを決め勢いに乗るかと、しかし後半バテバテだったのが残念。
リーバース選手のFPは、映画「シャーロック・ホームズ」だんだんらしくなってきたのがわかり、楽しい。
プレオベール選手は全体に元気なかったですね。
コンテスティ選手は、アンデスはちょっと飽きてきた感が…。

フローラン・アモーディオ選手
このノリと勢いには、誰も勝てなかったか!(笑)
ノーミスとは言えず、FSは3位ですが逃げ切り優勝!おめでとう!

ミハル・ブレジナ選手
故障などブランクがあると、SPはもってもFSでは…というパターンでしょうかね。
なので、ああやっぱりという気が。
結果は残念でしたが、SPのあの輝きを見ただけで、彼のスケーターとしての才能や魅力は十分伝わってきましたので、今後が楽しみ!ということでいいでしょう、今回は。

ケビン・ヴァン・デル・ペレン選手、クワド決めたけれど今ひとつ伸びなかったのが残念。
アルトゥール・ガチンスキー選手は素晴らしい4T!しかし3Aが…。
ジャンプが売りの選手の難しさがありますねえ。

トマシュ・ヴェルネル選手
4T決めました!トマシュの4Tは本当にかっこいい。
一番いい時のトマシュには及ばないけれど、だんだんとそこに近づきつつあるのがうれしい。
表彰台か…よくここまで戻ってきてくれました。

優勝はアモーディオ君、バックヤードのリアクションが最高ですね!
ジュベと抱き合って喜んでます!
なんか、主の帰宅に喜ぶ子犬っぽい感じが(爆)

ジュベールが表彰台でうれしいのですが、全体を通して、突き抜けた演技がなく物足りなかったというのが、私の正直な感想。
もっとも好感は、ミハルのSPでした。

クワドジャンパーが華麗に決めて優勝が、私の理想だったのですが、それぞれクワドを決めたけれど、他でのミスも多かった。優勝のアモーディオ君は良かったけれど、気がつくと優勝だったという感じもします。
上位選手は全員、良いとこもあったけれど、悪いところもあり、拮抗していたような気がしました。
なので表彰台3人の順番が入れ替わっても、あまり違和感がないかもしれません。

ユーロ優勝のアモーディオ君が226.86、ジュベ223.01、トマシュ222.60。
一概に比較はできませんが、ファイナルのパトチャンが259.75、絶不調で4位のダイスケでも219.77。
ユーロ男子全体の課題でもあるこの差を、ワールドでひっくり返せるかどうかですね。
頑張れユーロ!

関連記事
フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
コメントありがとうございます。
ミハルはもともと好きな選手なんですが、今回のSPは本当に素敵でしたね!
そして久しぶりにみて、スケートがきれいだなあ、素敵な選手だなと改めて感じました。
東京ワールド楽しみです。

全米とユーロで感じたこと、私も同感です…というか、そういう方は多いんじゃないかと(汗)
アモーディオ選手がすごく良かったというより、他の選手が力を出し切れてなかったのが残念でした。
ブラッドリー選手の優勝もうれしいけれど、完全優勝というには遠い内容だった。
期待された選手が総崩れとは大げさだけれども、ちょっとアレレ~でしたよね(汗)
いろいろ考えると、パトチャンでしょうか?
先日のカナダナショナルはともかく、ファイナルの内容だけ考えてもすごい…といわざるを得ないかなと。
競技は何がおこるかわからないものですが、願わくば悔いなく実力を発揮できる選手が、一人でも多く(全員とは言えない私)と思いますね。
よーうやく見られました!
ユーロ男子のショートとフリー、ようやく見ることができました。

アモディオくんのフリーは、エリックでの輝かしいパフォーマンスを見ているので、物足りなく感じる部分もあったのですが(我ながら贅沢だな~と思う(汗))、初出場でショート1位で折り返したことを考えると、フリーであれだけの演技ができたことは、本当に素晴らしいと思います。
アモディオくん、ユーロ初優勝、ほんとにおめでとう!!

ジュベさんとトマシュは、優勝できなくて、悔しい思いもあったでしょうが、アモディオくんのあの喜びようを見たら、笑顔にならざるをえませんよね(笑)。幸せいっぱいの表彰式で、見てるこっちも胸が温まりました。
>マイキーさん
お~ご覧になりましたか。アモーディオ君、言われてみればユーロ初出場なんですよね。というか、今季のアモーディオ君の躍進がここまでとは、それを考えると、物足りなく…なんてたしかに贅沢でしたね(汗)
トマシュは私が理想とするトマシュに近づきつつありうれしかったです。

ちょっと欲深な記事になってしまいましたが、どんな大会も、競技のおもしろさ見ごたえはあります。
それと、バックヤードで見守るフランスチーム、トマシュたちの仲のよさ。
アモーディオ君の人類の枠をとび超えた(爆)あのヨロコビの表現見てたら、おめでとう!やはり、そこにつきますね。


管理者のみに表示