FC2ブログ

2011ユーロ アイスダンス

2011年02月14日
European Championships 2011 results


冒頭、藤森先生による今季のルールについて解説、ありがたいですね、さすがJsports。
そうは言っても、アイスダンスはド素人目線でしか感想が言えません。適当に読んで下さい。(笑)

リード&カパリーゼ
アリソン・リードはお姉さんのキャシーと似てるけれど、タイプは違いますよね。若いなあというカップル、これからですね。
FDの衣装とヘア、というか見た目がSFアニメのキャラみたいでかわいいですねえ。
コーチはプラトフさん、あれ?若干「人としての幅」が出たような(汗)

シガーシナ&ガッシー
FDは「とび職とバレリーナの恋」
どっちもジャンプがお得意で(爆)
…ウソです、すみませんっ!(汗)
ガッキー…違っ、ガッシーの衣装がニッカボッカにしか見えなくて…。
気になる方はこちら→ZHIGANSHINA &GAZSI ユーロFD
あまりよく覚えてないんですが、ベテランだそうで、個性的でおもしろいです。

キャロン&ジョイス
頼りなげな美少年ジョイスを仕切る姉さん女房キャロンってどーよ?
と思ってたんですが、だんだん馴染んできたような。
正統派美男美女ですが、SDのオスカル風よりは、FDのローリングストーンズ、モダンダンスな感じの方が好きです。最初のローテショナルリフトがいいですねえ。

ホフマン&ザボジン
FDはジプシーの曲、うわ~今度は魔女登場。
魔女に人生狂わされる生真面目なサラリーマン…みたいな?
気になる方はこちら→HOFFMANN&ZAVOZIN ユーロFD
ユーロのレディはバラエティ豊かですね。

イリニフ&カツァラポフ
最終グループで見ると、可憐さがひときわですね。そうはいって競技で見るたびに大人っぽくなってなっていくのがわかりますねえ(親目線)。
若い選手ならではのスピード、キレのある動き、今だからの振付という感じ。
FDの「ドン・キ・ホーテ」は、やっぱりジャンプが売りのシングルやペア向きのプログラムだとは思うけれどな。

ファイエラ&スカリ
うーん、大きなミスがあり、調子が良くないのか(涙)
FDの大人の情愛、そういうものを表現できる選手なんて、そんなにいないのですが…。
フェデリカの涙が…なんかこういろいろなものがこみ上げてきて、結局は何も言えないのですが、良い形で、気持ちの上でも満足して現役を終えることができるといいなと願っています。

カー&カー
故障があったりで順調とは言えないシーズンになりましたが、ここに来てさすがという内容。
エレガントなSPも素敵でしたが、FDが素晴らしかった。
素晴らしいスピンのあと、ツイズルでありゃ(汗)…となってあせりましたが、きになったのはそこだけ、彼らの醸し出す空気が見えてくる…会場を異次元に変えたような感じがしました。もっと長くこの空気に浸りたい。

ボブロワ&ソロビエフ
若い選手ですし、また力みすぎてやらかしちゃうんじゃないかとちょっと心配してましたが、大丈夫だった(喜)
SDを変更、うわ~いいですね~このプログラム、好きです。
こちら→BOBROVA & SOLOVIEV ユーロSD
王道のワルツではなくて、ちょっとダークな香りがするような個性的なワルツ。彼らのスケール感がさらにパワーアップしたような、大きな広がりを感じます。
FDもエレガントで素敵でした。ロシア1番手の風格十分ですね。

ペシャラ&ブルザ
SDもFDもドラマのシーンが見えますね。技術も演技も素晴らしい、こんなにたっぷり演じているのに、品良くまとまってますね。
FDは曲調が変わるたびに雰囲気もがらっと変わる。優雅さ、かわいさ、ウィット、ロマン、いろいろなものがぎっしり詰まって、きらきらしてました。

誰が勝っても初優勝でしたが、予想通りペシャブルでした。
アイスダンスの表彰台はいつも華やかですね。彼らがワールドでどのあたりに来るでしょうか?楽しみです。


関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示