FC2ブログ

石岡瑛子 スパイダーマンのコスチュームデザイン

2011年02月16日
現在ブロードウェイでは「スパイダーマン」のミュージカル版公演中。

17601

Spider-Man on Broadway - Official Site

なにげに見ていた「NHKのプロフェッショナル仕事の流儀 ハリウッドでも大活躍 デザイナー石岡瑛子がスパイダーマンに挑む71歳!」では、そのコスチュームデザインを手がけた石岡瑛子氏。
ロックミュージカル「スパイダーマン」は、ジュリー・テイモア監督、音楽はU2で、制作費もすごいらしい。
上演にいたるまでいろいろとアクシデントに見舞われたようですが、石岡さんは、監督直々からお願いされたそうです。

日本で凄腕のアートディレクターとして活躍していた石岡さんが、全てを捨てニューヨークに渡り、映画を中心としたコスチュームデザイナーとして活躍している、その生き様が番組のメインではあるのですが…
そんなことより…

スパイダーマンのコスチュームデザインすごい!

石岡瑛子さんが仕事で唱える3つの言葉
・Original…誰にもまねできない
・Revolutionary…革命的な
・Timeless…時間を超える

とおっしゃる、そのまんま、こんなの見たことない。
デザインは400種類以上(汗)
私は、リメイクされた映画版「スパイダーマン」のビジュアルデザインが好きなのですが、舞台はまた別。
スパイダーマンはイメージを変えよう無いですが、百花繚乱の悪役たちがすごいのなんのって。
石岡さんがコスチュームではなく、キャラクターデザインだと言ってますが、そうですね。

1734
石岡さんが提案したという舞台オリジナルの女性キャラ「SWISS MISS」(左)

spm dancer
極めつけは7人の蜘蛛女(フューリー)
うぉ~、8本足が自由自在に動いてます!(驚)
公演中の舞台の写真などは公開しないため、見当たらないのですが、これはリハーサルかな。

年齢にこだわりたくはないけれど、71歳ですよ。71歳にして妥協をゆるさない姿勢、革命的なデザインを日々生み出しているとは、すごいな石岡さん。
番組の最後に
「プライベートなことは(時間が無くて何も)話せなかった」
と石岡さんが言うと、秘書(?)が
「(仕事しかないのに)プライベートはないでしょう?」(笑)
こんなワーカホリックは、久しぶりに見ました。

NHKプロフェッショナル仕事の流儀
「ハリウッドでも大活躍 デザイナー石岡瑛子がスパイダーマンに挑む71歳!」

初回放送:2月14日
再放送:NHK-BS2
2011年 2月21日(月)午前11:00~午前11:51

H.I.S. ニューヨーク支店便り ミュージカル:スパイダーマン

関連記事
アート・美術館 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示