FC2ブログ

ル=グィンさんから、日本の読者へのメッセージ

2011年04月05日
私が敬愛してやまないSF作家、アーシュラ・K・ル=グィンさんが、公式サイトで日本の読者に向けてメッセージを掲載しています。

原文(2011.3.14) 
To my Readers in Japan

日本語訳(翻訳:谷垣暁美さん)
ル=グィンさんから、日本の読者へのメッセージ

ル=グィンさんらしい、簡潔で美しい文章だなと思います。
復興への道のりは長く険しいのではないかと思う…できることならまたメッセージを寄せて欲しいと思います。

読んだのずいぶん前ですが、彼女の作品で特に好きなのが「所有せざる人々」です。
平等という理想を追求した共産主義的な惑星と、自由と豊かさを求める資本主義的な惑星、二重惑星が舞台。
平等という概念の無機質さと豊かさを求める醜さ、理想と現実、どちらが幸せなのか?ル=グィンの作品の多くに相反するものが登場します。
当然のことながら結論は出ないのですが、相反する価値観が、男女の恋愛を通して歩み寄っていく様がとても素敵だなと。そして、個(あるいは心の自由)をないがしろにてイデオロギーも何もあったもんではないと感じました。
発表されて30年以上、東西の冷戦を連想させる作品ですが、今、私の価値観を揺らがせるほどの災害を前にして、この作品のことが思い浮かびました。


所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)所有せざる人々 (ハヤカワ文庫SF)
(1986/07)
アーシュラ・K・ル・グィン

商品詳細を見る
関連記事
| Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示