FC2ブログ

全日本女子FPとワールド選考

2009年01月04日
もう去年の事になってしまいましたが、簡単に書き留めておこうと思います。

村上佳菜子選手…各所で話題になってますが、前日のSPを見て私も一発でやられました。このかわいらしさって~。以前テレビでも見ているんですが、実物はその10倍位はカワイイと言っておきましょう(笑)
あまりのかわいらしさに何をやったかすっかり忘れているんですが、FPはテレビなのでやや冷静に。
どのように成長するかで変わってくると思いますが、フリップでトウを突く時、足を振り上げるクセがありますね。キャロライン・ジャン選手のクセと似ています。小柄でパワーが足りないからこのようになるのか?小柄なうちは気にならないのですが、体が大きくなってこのままだと、現在のジャン選手がそうなんですが、気になってくると思います。
しかしこの勢いはすごい、新人賞も納得です。

中野友加里選手…SPトップだったことが影響した結果だったのでしょうか。たしかにこのパターンは今までにないかも…。このミス連発は少しびっくりしました。
ただジゼルのプログラムは、回を重ねるごとに深まりをみせているような気がしています。

鈴木明子選手…実力は今までもちゃんとあったわけですが、今シーズンは、なんだか見るたびにアピール力、場の支配力を増してますね、いやはやこれはすごい。
アスリートとしての技のキレ、表現への情熱、心の強さが渾然一体となって迫ってきました。
ワールド代表は後一歩でしたが、今シーズンは世界に通用するスケーターとして誰もが認めたのではないでしょうか。四大陸がトップ選手がエントリーするプレワールドとなれば、ここで結果を出す意味も大きいですね。

村主章枝選手…ついにワールド代表復活ですね、おめでとうございます。
彼女のことは、皆さんもお読みになったと思いますが、年末の読売新聞に掲載されたモロゾフインタビュー、これにつきるなと思います。いいコーチにめぐりあいましたね。
今シーズンは、村主さんらしさが戻ってきて良かったと思います。
ワールドでどのように戦うのか、月並みですが「大人の表現力」、それが個性ではないでしょうか。ここ数年、10代の選手が中心となってきましたが、若い選手にない空気感が、逆に新鮮になるようなアピールをしてほしいと思ってます。

浅田真央選手…まずこの選手層の厚い中、期待通りに全日本を3連覇したことはすごいですね。
今回は回転不足判定が厳しかったとあちこちで読みました。3Aと3+3がDGされるとこんなに低い得点になってしまうのですね。
この厳しい判定については、私も釈然としない思いはありますが…ただ今回の結果は、今季後半の国際大会を戦う上で「回転不足には気をつけなさいよ」という教育的指導と考えればいいののかもしれませんね。仮に真央ちゃんが3連覇できない結果になったとしてもです。ここで喜ばせすぎは為にならなかったかも。
大切なのは、彼女自身が「攻める気持ち」という点で曇りがないことだと感じました。

男子シングルのワールド代表は、織田、小塚、無良選手
代表に選ばれあいさつをする彼らの胸の内は、それぞれ違うんだろうなあ、とまあ考えてもしょうがないことをアレコレ考えてしまう私です。
オリンピック出場枠のことは、考えてほしくないような、考えてほしいような…(苦笑)
織田、小塚両選手は、ワールド表彰台に限りなく近い位置にいます…しかし、つきつめれば読めない!
現時点だと、アボちゃん、ジョニー、ジュベール(故障が…)、トマシュ、パトチャン、そしてライサもこのままではないと思うし。
わからないですねえ、多少予想めいたことができるのは、今月のヨーロッパ選手権と全米選手権の結果が出てからでしょうかね。2月の四大陸もありますね。

関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示