2011ワールド アイスダンスSD&FD

2011年05月19日
World Championships 2011 リザルト

バンクーバー後、選手層が一気に若くなった今シーズンの総決算ですね。
SDシステムもいいんだか悪いんだかよくわからない私です(汗)
今回は表彰台争いより、その下の世代が突っ込みがいがあっておもしろかったかな。

リード姉弟
シーズン半ばでコーチ&拠点変更、今季に過剰な期待はするまいと思ってましたが…あれ、どうしちゃったんでしょう、素晴らしい成長!
マダム藤森の実況に、なるほどと。
ニコライの所でも雰囲気はとても素敵だったのですが、上位にくるには印象が弱いような気がしてました。
久しぶりに見た彼らは、スケールアップしたような、力強くスピード感も増したように見えました。リフトやスピンも迫力ありましたねえ。
新しいFDは、彼らの新しい魅力を発見したような感じ、最後の転倒が…うーん残念。
しかし思い切った決断、良かったですね。来季も期待です。

シガーシナ&ガッシー
密かな注目はこの組、そう…FD「とび職とバレリーナの恋」。
とび職もバレリーナも、バランス感覚大切ですから(爆)
とび職らしい雰囲気が良く出ています。いいかどうか?…よくわからない…すまん。
コレオにスタビスキーの名が。

キャロン&ジョイス
どこから見ても美男美女…は間違いないけれど、お金持ちマダムとツバメ…いや愛人みたいで…いやその…実際は2歳しか違わないんですが(汗)
ユーロ後にFDをガーシュインに変えたんですね。これが大あたり、素敵です~。とてもおしゃれで軽やか、このカップルなら怪しくない、健全な感じが…(汗)
いっぺんに見直しましたよ。

カッペリーニ&ラノッテ
昨シーズンのFD、悪魔チックなアンナちゃんも結構好きだったんですが、イケメンコーチから別のタイプのイケメンコーチ、ニコライの所へ。
「シェルブールの雨傘」で正統派カップルの雰囲気に。
会場にニコライのバナーがあったような気が…幻覚でしょうか?
競技のエントリーがなくてちょっと心配でしたが、ちゃんと戻って来てくれましたね、良かった。

チョーク&ズーリン
なんだこの変なプログラム?と正直感じていたFD「キャバレー」も、ここに来て個性的でいいプログラムに見えてくるから不思議…って、モノにしたということですね、素晴らしい。
したたかな女とペテン師っぽい男、これだけキャラを演じられるのは、すごいかも。

イリニフ&カツァラポフ
キレ、型の美しさがありますよね。
若いしこれからすごいことになりそうですねえ。
…え~!ニコライのとこに行くんですか?(汗)ここだけの話、ズーリンの方が…

リード姉弟:ニコライ→チャイト
アンナちゃん:Haguenauer→ニコライ
イリニフ&カツァラポフ:ズーリン→ニコライ
ペシャブル:ズーリン→亀先生
ファイエラ&スカリ:復帰ということは亀先生?リニチュク?

ニコライの所は、アンナちゃん、イリカツ。ロシア以外の選手が離れる傾向がありますが、レオノワも入ったりで、やっぱり忙しいのではと思いますが…。
亀先生には、ウィーバー&ポジェ、ペシャブル。他にハベル兄妹が解散して、妹は別のパートナーと組み亀先生に残留らしい。
ズエワ組は大混雑、プラトフとか、リニチュクさんちに行く組はないないのか?
というか、ズーリンは誰を見るわけ?
アリソン・リードは解散…あれ日本エントリー?

クローン&ポーリエ
実力を考えれば不本意な結果、ちょっと元気ない感じでした。
FDは難しいプログラムだと思いますが、いい時のインパクトはすごい、彼らにしかできないプログラム、残念でした。

ウィーバー&ポジェ
カナダナショナルの悔し泣きが記憶にあたらしい二人、そのリベンジ果たしましたね。
今シーズン一番のできだった様な気がします。
SDも素敵でしたが、FDの「ムーラン・ルージュ」が曲調と振付がピタっと決まってドラマチックでした。

ボブソワ&ソロビエフ
私の大好きなSDは、ユーロのめくるめく陶酔感が足りなかったのが残念。
全体的に悪くはないのですが、表彰台に行くには力みすぎで空回りしちゃったかような。そのへんは経験ですかね。

ペシャラ&ブルザ
優勝候補のはずなんですが…素敵だったんですが…。
彼らの繊細で雰囲気を大切にするスケーティングが、ズエワ組のジャッジ対策に破れたような…。
とにもかくにも転倒したのが致命的ではありましたが。

渋谷兄妹
上手かった!美しかった!
…まさか表彰台までいくとは!(汗)

バーチュー&モイア
登場した途端、やっぱり格が違うなあと思いました。
FDのラテン、冒頭のステップがすごいインパクトでした。そこがすごすぎて、中盤のスロー部分が物足りなく感じましたが、冒頭のステップのエネルギー消費を考えるとやむを得ない?

デイビス&ホワイト
チャーリーの力みすぎが懸念される中(汗)…ついにやりました、おめでとう世界タイトル!
なんとなく気迫勝ちって気が。
今季負けなしか、すごいなあ。

テッサたちとメリチャの得点が飛び抜けて高いのですが、そこまでの点差かなという感じもします。
表彰台を、ズエワ組が独占、他のみんなも頑張れ!



関連記事
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
昨夜、録画しておいた世界選手権のアイスダンスをやっと見終わりました(といっても、SDは録画し損ねてしまい、ひとまずFDだけなんですが…)。それを見ながら思うところがあったので、演技の感想がてら(演技の感想までは進みませんでした)、少し書いてみたいと思います...
« 紫鷺苔 | HOME | 緑の散歩道 »