冬枯れのアジサイ

2018年02月10日
2018020457.jpg

まだまだ雪が深い花見山公園。
強い日差しと冷たく澄んだ空気の中で、美しく映える冬枯れのアジサイ。

2018020453.jpg
花のように見えたのはガクアジサイ。
ドライフラワーとなってそっくり残っています。

2018020459.jpg
雪の中で繊細な金細工のよう。

2018020455.jpg

2018020454.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

サンゴカクの赤い枝

2018年02月10日


早春の花見山公園に真っ赤な枝の木がありました。
他の方のブログなどを見ると、モミジの仲間サンゴカク(珊瑚閣)というらしい。寒くなると枝が珊瑚のように赤くなることから。

2018020469.jpg
動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

辛夷の花芽

2018年02月08日


2月、辛夷(こぶし)の花芽は小さく固く、ネコヤナギのような産毛「芽麟」におおわれています。
つぼみが子どもの握りこぶしににているから「こぶし」という説があるらしい。

「辛夷(しんい)」と付く漢方薬がありますが、辛夷(こぶし)のつぼみを乾燥させたものだとか。
そういえば、鼻炎がひどかった時に飲んでいたのは「葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)」…おお〜「辛夷」とついてますね。世話になったことを、今ごろ知りました。

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

鴨が近い日

2018年02月07日
2018020429.jpg

天気もいいので近くの白鳥の飛来地に来てみました。

2018020423.jpg
しかし、白鳥がいない…
先日来た時はいたので、集団でどこかへお出かけしたのでしょうか?鴨しかいません。

2018020433.jpg
ここは水田地帯の真ん中、集落からも離れており、この橋を中心に「白鳥の飛来地」として整備しています。


橋の上から、鴨を真上から見るとこんな柄が…。

2018020424.jpg
羽が美しい。

2018020422.jpg
橋のそばには白鳥(鴨)を見るためのベランダみたいな台があります。

2018020432.jpg
白鳥の飛来地は鴨の飛来地(笑)

2018020428.jpg
なぜか、鴨がありえないほど近い…。
白鳥がいる時は緊張感というか、白鳥と鴨が互いを意識している雰囲気がありましたが、鴨だけだとくつろいでいるように見えました。

2018020435.jpg

2018020436.jpg
鴨鍋にしちゃうよ…冗談です(汗)

2018020426.jpg
私をがっつり認識してます。逃げる気配がありません。

2018020427.jpg
土手でひなたぼっこ。平和です。

2018020425.jpg
振り返ると、おお〜田んぼにももすごい数の鴨が。

2018020430.jpg
と思ったら、一斉に飛び立つ鴨たち。ヒチコックの「鳥」みたい、すごい迫力です。

2018020431.jpg
寒いですが、とてもいい天気。
空を飛ぶのは気持ちいいだろうなあ!

動植物 | Comments(0) | Trackback(0)

真冬のヒヨドリジョウゴ

2018年02月03日
2017012102.jpg

枯れてすっかり色が抜けた草むらに、ヒヨドリジョウゴの赤い実が目立っていました。



動植物 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »