GPS2017 フランス大会 勝手に予想

2017年11月16日
ISU GP Internationaux de France 2017
Grenoble / FRA
17.11.2017 - 19.11.2017

パトちゃん、ゆづ、たぶんハビにもファイナルの可能性がなくなり、毎年のことながら、オリンピックシーズンにはいろいろなことが起こるものだなあと感じています。
ただこの3人は経験豊富だし、オリンピックに照準を合わせることだけ考えてもいい。GPSの内容は気にしなくていいと思います。
とにかくみんなケガや病気、あらゆるトラブルに合いませんように。祈るのみです。
というわけで、GPSは一気に若手の場になりました。

●男子
普通に考えると、優勝争いはショーマとハビ。
これまでを見ると、ショーマにスキがないです。ミスしてもそれは伸び代!…という期待に変わる、そんな勢いを感じますね。
毎回構成を変えてくるので読めないですが、ミスをしたなら、さて今回はどんなリカバリーをするのかな?…という見所に。リカバリーに失敗して順位を落としても、次はやり遂げそう…そんな期待が先にきます。

チューハイでは体調不良で6位だったハビ、回復していればやはり優勝候補です。それともファイナルの可能性が低くなりモチベーションが上がらないだろうか?
思うに、「出る以上は」対外的にもいい印象を与えたい、自分にとってはいい記憶で締めくくりたい…と思うのでは?
彼のレベルになれば、やはりメンタルがカギですね。

この2人に割って入るとしたらヴィンス。
なんといってもすさまじい高難度構成、SP、フリーをクリーンに決めれば、PCSで及ばないにしてもTESですごいことになりそう。
今の所ハイリスクハイリターンで、今回も未知数ですが、いずれ…まもなく…そう感じます。

NHK杯3位ビチェンコさん、マックス、ミーシャ、クヴィテラシビリ、サマリンは、上位が崩れた場合チャンスがあります。
何が起きるかわからないのは、NHK杯で十分実わかった、まずはやることやって天命待つ…みたいな(笑)
ビチェンコさんが表彰台ならファイナルあるかも?
デニスもいいのですが、まだ本調子とは思えない。ピークはオリンピックでいい。今はSP、フリーを揃えることから。

予想順位
ショーマ、ヴィンス、ハビ、マックス

2〜3位は入れ替わるかも。
4位は、ビチェンコさん、マックス、ミーシャ、クヴィテラシビリ、サマリンから、なんとなくマックスに。
--------------------------------------------------------------------
●女子
うむむ…胃が痛くなりそうなエントリー(汗)
優勝争いは、ケイトリン、舞依ちゃん、ソツコワ、ザギトワ。
表彰台争いまでだと、リーザまで。ここまでで5人。

ケイトリン、舞依ちゃん、ザギトワ…PBはほぼ同じ218点。
ただ今季の勢いを考える、ケイトリンかザギトワか?

SPで70点台後半を出せるケイトリンに対し、フリーの後半ジャンプなどでTESで圧倒しそうなザギトワ。
ケイトリンはミスもけっこうあっても高得点、ノーミスならば…ザギトワがノーミスでも勝てないと予想。ノーミスならね。
ケイトリンのSPは「パリの屋根の下」フランスで縁起良さそう。

ミスしないのは、どっちかいうとザギトワと思うのですが、この年代の女子は。あれ?ってこともあるので…ザギトワにスキがあるとしたらメンタルのエアーポケットみたいな「魔物」。
自爆した場合の底は、ケイトリンの方が深いけど(汗)

舞依ちゃんは優勝しないとファイナルの可能性は低い。彼女が勝つには、パーフェクトでPB更新するくらいの勢いが必要です。それができる実力はあると思います。
最初のヤマはSP、今季のプロなら70点台を出さなくては。どうもSPでは緊張してしまうようで、ここを克服してほしいです。
SPで引き離されなければ、フリーでも気持ちに余裕ができると思う。

ソツコワはPBでは上3人に及ばないですが、あっさりPB更新してもおかしくないです。なにしろ「そつのないソツコワ」ですから(笑)…優勝候補として問題ないです。
とにかく大きなミスが少ないのがすばらしい。安定して上位に入りそうです。

ミーシンコーチ太鼓判、リーザは3A搭載でくるよう。今季はすごくいい感じで楽しみです。ただ他もまとめないと表彰台は厳しい。

優奈ちゃんは、雰囲気にのまれないで演技する事から。シニアの壁はあっても関係ないからね。
ツルちゃんはちょっと停滞気味、なにかこう刺激がほしいような。
地元ルカバリエ、マエちゃんも楽しみ。マエちゃん復活してほしい。
お久しぶりはポーリーナ、今どんな感じなのかわからない。

予想順位
ザギトワ、ケイトリン、舞依ちゃん、ソツコワ、リーザ

1〜4位までで入れ替えはありそうですが、こんな感じでどう?
「うちのリーザが台落ちだと?」とミーシンに怒られるかも(笑)
私の希望は、舞依ちゃん優勝でファイナル!GO!GO!
--------------------------------------------------------------------
●ペア
優勝にもっとも近いのはタラモロ。
ここに迫るのがバネッサ&モーガン…と言える日が来た事をファンとして喜んでます。ほんと強いペアになりました。優勝する気バリバリでくるはず、楽しみです。
タラモロの今季のプロがちょっと微妙なので、よりバネッサたちに肩入れしてしまう私です。

表彰台にモスコヴィッチ組、ついでグリアゼ組かな。イリュチキナ(モスコヴィッチ組)がテクニカルに安定している事がかなり強み。
ペンジンが急成長で食い込んでくる可能性もなくはない。

予想順位
タラモロ、バネッサ&モーガン、モスコヴィッチ組、ペンジン

タラモロは固い。
バネッサたちがミスを重ねるとモスコヴィッチ組がくるかも。それでも表彰台にいてほしい。
--------------------------------------------------------------------
●アイスダンス
これだけ強豪が揃っても、パパシゼ圧勝しそうな勢い。チューハイではPB200点越えです。
FDがすばらしくてめまいするくらい(笑)

表彰台はポジェ君たち、ベイツ君たちで接戦でしょう。
この3組で表彰台は決まりそう。

今季のブキン組はすごくいのですが、このエントリーで表彰台は難しいかな。
ついでファブリ組。

予想順位
パパシゼ、ポジェ君、女豹&ベイツ君 ブキン組

ベイツ君が2位かなあと思うものの、今季のポジェ君たちすごく気迫を感じるので。

今回の結果でファイナル当落がかなり決まってきます。
テッサ&スコット、パパシゼがほぼ確実。ロシア1位の渋谷家がリード。
残り3枠をハブル、ボブソロ、ポジェ、ベイツ、アンナちゃん…で争うかたちですね。
--------------------------------------------------------------------
ISU Grand Prix of Figure Skating 2017/18
スタンディング 男子 女子 ペア アイスダンス
第1戦 ISU GP Rostelecom Cup 2017 リザルト
第2戦 ISU GP Skate Canada International 2017 リザルト
第3戦 ISU GP Audi Cup of China 2017 リザルト
第4戦 ISU GP NHK Trophy 2017 リザルト
第5戦 ISU GP Internationaux de France 2017
第6戦 ISU GP Skate America
ファイナル ISU Junior & Senior Grand Prix of Figure Skating Final
 Nagoya / JPN 07.12.2017 - 10.12.2017
--------------------------------------------------------------------
World Standings 
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
--------------------------------------------------------------------
Seasons World Ranking 2016/17
Men  Ladies  Pair  Ice Dance
フィギュアスケート | Comments(0) | Trackback(0)

東儀秀樹×古澤巌×coba 全国ツアー2017 福島公演

2017年11月16日
main_img.jpg

東儀秀樹×古澤巌×coba 全国ツアー2017

3人のユニットは知っていましたが、ライブは初めてです。
1回の公演で3人楽しめるお得なライブ?(笑)楽しかったです。
ユニットも4年目、気心しれた仲間という感じで、(ツアーも終盤だし)適度なゆるさ…なんだかとてもリラックス。演奏を楽しんでいるのが伝わってきます。

今回最も新鮮だったのは東儀さんの篳篥(ひちりき)。
あの手のひらに収まるような小さな笛から、サックスのような音色、フルート、パイプオルガンのような音色まで、幅広い。
そして楽器が小さいので、東儀さんは動きも自由、ロックスターのスタンドマイクプレイみたいな(笑)好き勝手できて、本当に楽しそうでした。
cobsさんが楽曲提供をした「Flying high 」はその最たるプログラムだったかも。
ひちりきや東儀さんの演奏は、これまで何度も聴く機会はあったのですが、こんなにいろいろできるんだなあと感動しました。

一番ウケたのは、二部の冒頭で、東儀さんの正装とも言える狩衣(かりぎぬ)…平安時代の安倍晴明のスタイル。ここに同じく狩衣姿の古澤さんが登場してヴァイオリンを演奏した場面。
ヴァイオリンの演奏は、見た目以上に衣装が難しいそうで(腕周りとか)、古澤さんは相当演奏しにくかったらしい。でもこういう機会だからできることだし、なんだかとても似合っているし、狩衣でヴァイオリン弾く人もそういないはず(笑)

cobaさんのライブでは、夏の福島公演に行けなかったのが残念で、今回のライブはとても楽しみでした。この日のアコーディオンもすてきでした。
cobaさんは、アコーディオンの聖地から名誉な賞を頂いたそう。おめでとうございます。

coba、“アコーディオンの聖地”イタリア・カステルフィダルド市から日本人初の名誉市民賞!

旅するイタリア語 | NHKゴガク - NHK オンライン
そういえば、古澤さん出演のイタリア語講座もおもしろかった。

uyseD213.jpg

コンサートグッズの告知もぬかりない(笑)イマドキはどこもそうですね。福島市の音楽イベントは年齢が高いマダム層が多いのですが、その年代ってお買い物が大好きですよね。グッズやプログラムがすごい勢いで売れてました。プログラム1,000円は近頃ではお得、しかも握手券付だったらしい。
一部の最後の曲のみ撮影し放題、SNSに上げるのも自由。
最近はなんでも規制するのではなく、むしろ広めてもらうために解放、そんなケースも多くなりましたね。

音楽・舞台 | Comments(0) | Trackback(0)

GPS2017 NHK杯 男子 ヴォロノフ初優勝!

2017年11月16日
リザルト
NHK杯フィギュア

●男子フリー
佐藤洸彬
SPのように無心とはいかなかったかなあ。少なくないミス、でもていねいに笑顔を絶やさずプログラムを演じきったことは立派。
悔しいだろうけれど、この場にいる幸せ…みたいな、すてきなスケーターです。

アリエフ
4T+3Tはなんとか決めたものの、ジャンプ不調。気負いすぎか、GPSデビューは厳しい内容となってしまいました。
できるのはわかっているので(断言)…なんとも残念。これを糧にまたがんばってほしいものです。

ラトデニ
さあ、ランビ憑依の始まり〜。
ジャンプはダ〜メ、ダ〜メが多かったですが、師匠直伝のスケーティングやつなぎの表現は、本当に魅力的。応援したくなりますね。
ランビは今日もかっこいい。
え?SBなの?(いいけど)
さ、またがんばろう!(笑)

ミハル
う〜ん、ミハル(汗)スケーティングはいいんですが。
「スタンド・バイ・ミー」…陰気くさいアレンジ。
悪くはないけれど、チャンピオンプログラムじゃないな…言ってもしょうがない。
今ツイてるコーチ、ラファエルになんとかしてもらおう。

アダム
南の海にいそうな衣装。
4L<、他危ないところもあったれど、スピン、ステップはすばらしい。大きなミスなくすてきな仕上がりになりました。
とても内省的。手や指先の細やかな表現が印象に残ります。傷ついた鳥というテーマをしっかり演じていてすてきでした。

キーガン
チャップリンメドレー
ジャンプのミス他、プロトコルは賑やか(汗)ただ独特の軸の取り方、深いスピンなど、個性的ですてきなとこも多いです。
ザヤックにいち早く気づく本田コーチ。そうかそうか(汗)

友野君
「ウェストサイドストーリー」
4S両足、4S転倒、どっちか決まっていればねえ。でもこんな時3Aが安定してる選手は極端に悪くならないもの。悪かったところをあげればキリないですが、若者らしいスピード感、爽やかさがあって良かったです。
観客を楽しませようという友野君らしさは、今後も買いです。

ヴォロノフ
「サラバンド」
4T+3T美、3A、4T両足。2つ目の4Tのミスのみ、ジャンプは高くてかっこいい。ここまで完成度を上げてくるとはあっぱれ。
音楽はBGMと化していることが多かったロシア選手あるある…ですが、このプロは音楽との調和もばっちり。彼の個性が際立ち、作品としても見応えがありました。おれはやったぜの笑顔、そして会場大盛り上がり!
うは〜SP、フリーともに1位!PB更新。

ビチェンコさん
「道化師」
このプロはねえ、ビチェンコさんの実直さにあうかどうかが…ねえ(汗)
4T+3T、4T決まった!ああでも2Loに。
しかし勢いありました。大健闘の3位、ついに表彰台です。おめでとう。

ジェイソン
衣装のズボンが黒に…青でもいいのに。
調子があがらない4回転を封印して、パーフェクトな演技を狙ったと思いますが、3Aでミスしてはもともこもない。選手によりますが、こういう選択が必ずしもいいとは言えない…あるある話。
SP3位、パーフェクトなら逆転優勝もあり、見る側もそちらばかり気になって…。
すてきななんですが、いつもの集中、伸びやかさは足りなかったかな。ああやっちゃったなあ…でも、そんなもろさも彼の魅力なのかも。
こういう経験が、全米や代表になれたらオリンピックに役立てばいいんです。
フリー4位、総合4位、残念。

優勝ヴォロノフ、2位アダム、3位ビチェンコさん
まれに見るおっさんな表彰台にウケるのはスケオタの証拠ですよ、そこのあなた(笑)
TV的にアレでしたが、わが愛すべきフィギュアスケートのおもしろさを堪能できました。
しかしこれでファイナルがますます混迷〜

フィギュアスケート | Comments(4) | Trackback(0)

モンゴルの伝統音楽を聴く

2017年11月15日
n745w30.jpg

モンゴル伝統芸能2017 チャリティーコンサート
2017年11月10日(金)
郡山市民文化センター

縁あって、モンゴルの児童保護施設「太陽のこどもたち」のチャリティーコンサートにいってまいりました。
この施設では、恵まれない子どもたちへの教育や将来に向けて技術の習得などと共に、モンゴルの伝統音楽、舞踊の継承にも熱心にとりくでいるらしい。(詳しくは検索して下さい)
その子どもたちのコンサートです。小さな子どもから大学生くらいまでか。

私はモンゴルの民族楽器、馬頭琴が好きで、演目の中にホーミー(モンゴル独特の歌唱法)があると知り、是非一度生で聴いてみたいと思いました。
実際のプログラムは唄や踊り、曲芸(曲芸はモンゴル発祥)、地元小学校との共演などもあり、目当てのプログラムは多くありません。

ホーミーは独特の音で、どこまでも響きそう…おもしろかったです。
ただ、民族楽器の音色やホーミーを生で聴けると思っていたら、コンサートは「マイク」なんですよね。
音そのものはよく通る楽器だし、ホーミーも草原の遠くまで届く唄なので、生で十分だと思うのですが、そこが残念。

そしてCDで派手目の伴奏がつく。素朴な音を期待していると…う〜んどうかなと思う。よりゴージャスな編曲にはなってはいるけれど(サービスかな?)
日本で開催される民族楽器のコンサートでよくあることですが、なんか勘違いしてると…
チャリティだし子どもの演奏だからとか、まあそういうことにしてもいいんですが。
純粋に音楽を楽しみたい私としては、モダンアレンジではなく、古典でもっとシンプルな演奏を聴きたかったです。

曲芸は雑技団にみるようなものではなく、「体操」の延長で、それはそれで微笑ましい。
踊りは最初は文化祭レベルに見えましたが、後半は見応えのあるダンスでした。
歌は歌い方のせいか、昭和のムード歌謡っぽい(笑)

やたら長い挨拶や祝辞、だらだら長いMC、詳しい内容の「プログラムを見ながらご覧下さい」と言うけれど、会場はずっと暗いままなのでプログラムは読めない…とか、いろいろ問題。
手際の悪さはチャリティーだから、まあしょうがないかな(笑)

音楽・舞台 | Comments(0) | Trackback(0)

落ち葉の頃

2017年11月15日
2017110541.jpg

公園も森も落ち葉だらけ。
桜並木の紅葉は鮮やか、神社仏閣に行けばたいていモミジがあります。時期や場所によって全く違う、色とりどりの落ち葉は見ていて飽きません。
歩くと、公園の落ち葉はアスファルトの上でカサカサと音がして、森の落ち葉はふかふかして、布団の上を歩いているようです。

2017110517.jpg

2017110513.jpg
モミジといえばこれ。

2017110512.jpg
マットな白

2017110511.jpg
これはわかる、朴葉

2017110514.jpg

2017110519.jpg
一面の黄色い落ち葉

2017111412.jpg
同じ黄色でもこちらはイチョウ。
霜も下りる頃、だんだんと色あせていきます。

散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)

百代草

2017年11月14日


父母が殿の後方の百代草 百代いでませ我が来るまで 
生玉部足国 万葉集

百代草(ももよぐさ)=菊
屋敷の裏に咲く菊が長く咲き続けるように、私がふるさとに帰るまで父母が長生きしますように。
「殿」は貴人の家ですが、この場合は父母の家を敬う言い方になっているらしい。

現代ならば、都会に住む子どもが、田舎に暮らす老父母を思いやる…そんな感覚だろうか。
朝晩は冷え込むようになりました。どうぞご自愛下さい。

日記 | Comments(0) | Trackback(0)

満願寺、紅葉と羅漢様

2017年11月13日
2017110561.jpg

福島市内、阿武隈川沿いの満願寺にやってきました。(11月5日撮影)
紅葉がいいらしいとネットで知ったのです。

黒岩虚空蔵尊(満願寺)
「黒岩の虚空蔵様」として親しまれ、定かではないが、約1,200年前に山中大納言植久公が、虚空蔵菩薩を安置したのが始まりとされている。寺の裏手には十六体の羅漢像が並び人々に親しまれているほか、 境内には元禄年間に鋳造された銅像「いぼなし鐘」やなでると知恵を授かると言われる赤い帽子をかぶった「なで丑」などがあります。
黒岩虚空蔵尊満願寺(黒岩虚空蔵)じゃらん


古い山門をくぐると本堂。

2017110552.jpg
紅葉はまだなんじゃ?…という雰囲気ですが、虚空蔵尊の方に進んで行くと、たくさんの落ち葉、けやきかな。

2017110554.jpg
南の柵越しには阿武隈川、こんなに接近した場所にあるとは思わなかったです。崖の下をごんごん流れています。
もう西日の時間なので逆光、写真ではイマイチわかりにくいですが、荒々しい岩と紅葉がきれいです。

2017110564.jpg
牛!…あ、「なで丑」ね。
とりあえず鼻が弱点の私は、鼻をなでなで。

2017110565.jpg
寄進されたと思われる動物がいっぱい。

2017110555.jpg
虚空蔵尊の裏手には見事な紅葉、古木のよう。

2017110556.jpg
裏手に登って行くと、紅葉の合間から阿武隈川が見えます。

2017110557.jpg
「おお〜よくきたな!」と、歓迎してくれてるような羅漢様。

2017110559.jpg
裏手の山の斜面、あちこちに羅漢様がいます。

2017110558.jpg
「こうして大蛇に巻かれて、日がな一日過ごしているのです」

2017110560.jpg
大きな岩の上にも。

2017110562.jpg
それにしても見事な赤ですね!

2017110563.jpg
黄色もあります(笑)境内にもみじの木はたくさんあり、時期を少しずつ変えながら紅葉していくようです。
赤や黄色の落ち葉が敷き詰められてもきれいだし、まだ見頃の時期は続きそうです。

2017110553.jpg
ここは高台、駐車場からは福島盆地が一望できました。

散歩道・ドライブ | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »